ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報果樹関連
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
(和歌山県)有田みかん産地の活性化~モデル共選を育成、産地へ普及~  2018-01-04

●和歌山県 農林水産部経営支援課(農業革新支援センター)  

 
(和歌山県)現地事例情報
 
(要約)
 温州みかんを中心とした柑橘の主要産地である有田地域では、温州みかん価格の低迷や温暖化など気象変動の影響による高品質果実の生産が不安定となっており、温暖化に対応した技術や優良新品種の導入が課題となっている。また、担い手の減少や高齢化の進展などにより、担い手の確保、優良農地の保全などが課題である。
 有田川町のマル賢共選では、浮皮の発生が少なく食味が早生に近い品種「きゅうき」の導入に向けて、平成27年度から試験的に改植を始めたことや、新たな担い手の確保と育成、共選内での農地貸借等に取り組んでいることから、この活動を総合的に支援することにより、共選プランドの一層の向上、担い手の確保と育成、優良農地の保全など、果樹産地のモデル共選となる組織を育成し、産地への普及を目指す。
 
▼詳細はこちらの添付ファイル(pdf)をご確認ください
 
(2016年3月1日報告)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:ラニーニャ現象発生で師走寒波(あぜみち気象散歩65)
注目情報PHOTO  今冬は11月半ばから急に寒くなり、寒波の到来が早かった。札幌では18日から早くも本格的な雪になり、19日には積雪29cmを観測した。最高気温が0℃未満の真冬日は札幌で11月に5日を数え、1912年以来105年ぶりの寒さになった。12月に入...
もっと見る