ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(富山県農林水産総合技術センター)細霧冷房によるリンゴ‘ふじ’の仕上げ摘果による日焼け果の発生軽減技術  2019-04-12

 
温暖な産地を中心に問題となっているリンゴの日焼け果は、高温と直射日光により果実表面温度が極端に高くなることに起因する。
富山県農林水産総合技術センターは、園芸施設内や野外空間の気温を下げる方法として活用されている細霧冷房装置を用いてリンゴ樹周囲の気温や果実表面温度を低下させ、日焼け果の発生を軽減する技術を開発した。
 
詳細はこちら>>から

 
 
過去のお知らせ一覧
2020/04/14
(気候変動適応情報プラットフォーム)「九州・沖縄地方における気候変動影響への適応策事例集(平成31年度版)」を掲載
2020/03/26
(茨城大学・茨城県地域気候変動適応センター)「茨城県における気候変動影響と適応策-水稲への影響-」を発行
2020/03/24
(農研機構)「2019年夏季の農業気象(高温に関する指標)」を掲載
2020/03/04
(農研機構)「気候変動」を特集した農研機構技報 第4号を刊行
2020/01/30
(農研機構)令和元年度「地域における気候変動適応実践セミナー(果樹編)」
2020/01/09
(大阪府立環境農林水産総合研究所ほか)気象台・環農水研共催セミナー 気象情報を味方につける!「最新の気象予測技術とぶどう栽培への応用」
2019/12/18
「気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)」等の結果(農林水産省関係)について
2019/12/16
(気象庁)台風進路予測や降水予測の精度が改善 ~全球モデルの初期値作成処理の高度化~
2019/12/13
第553回技術情報交流セミナー「地球温暖化に適応した水稲高温耐性品種の開発」
2019/12/02
倒伏しにくく暑さに強い直播栽培向きの多収良食味水稲新品種「しふくのみのり」-東北地域向け、いもち病と縞葉枯病にも強く業務用米に最適-
次の10件 >
注目情報
  コラム:正の北極振動で北極にオゾンホール発生(あぜみち気象散歩79)
注目情報PHOTO  今冬は全国的に気温が高く、日本の冬平均気温偏差は+1.66℃と統計開始(1897年12月~1898年2月)以降では最も高い記録を更新した。東・西日本では、12月~2月の冬期間と1月の月平均気温が共に、統計開始以降(1946年12月~194...
もっと見る