ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
「気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)」等の結果(農林水産省関係)について  2019-12-18

 
農林水産省は、令和元年12月2日(月)から12月15日(日)まで、マドリード(スペイン)で開催された「気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)」等の農林水産省関係の結果について公表。
 
今次会合に併せて、COP23で決定された「農業に関するコロニビア共同作業」に基づき、持続可能で強靱な農業に向けた養分利用、堆肥管理の向上に関するワークショップが開催された。我が国からは、世界の農業現場で適用されることで食料安全保障と地球温暖化防止に貢献することが期待される技術として、肥料由来のアンモニウムイオンが土壌中で硝酸イオンに変化する「硝化作用」のスピードを抑えることによって、肥料の利用効率の向上と温室効果ガスである一酸化二窒素の排出削減につながる「生物的硝化抑制技術」等についてプレゼンを行った。
 
また、第51回補助機関会合の農業議題では、前回会合(本年6月)において開催された2つのワークショップ(「適応、適応コベネフィット及びレジリエンスの評価法」及び「草地・農地の下の土壌炭素、土壌健全性及び土壌肥沃度の改善と、水管理を含む統合的システム」)の報告書について検討が行われ、土壌炭素、土壌健全性及び土壌肥沃度に関する事項は状況によって異なり、各国の状況を考慮しつつ、食料安全保障、気候変動への適応、炭素貯留促進に貢献するポテンシャルを実現するためには包括的な方法で扱われるべきであることが認識された。
 
その他、詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2020/06/10
研究成果発表会2020「温暖化の進行により増加する高温や豪雨に負けない農業をめざして」の講演要旨集を公開
2020/04/14
(気候変動適応情報プラットフォーム)「九州・沖縄地方における気候変動影響への適応策事例集(平成31年度版)」を掲載
2020/03/26
(茨城大学・茨城県地域気候変動適応センター)「茨城県における気候変動影響と適応策-水稲への影響-」を発行
2020/03/24
(農研機構)「2019年夏季の農業気象(高温に関する指標)」を掲載
2020/03/04
(農研機構)「気候変動」を特集した農研機構技報 第4号を刊行
2020/01/30
(農研機構)令和元年度「地域における気候変動適応実践セミナー(果樹編)」
2020/01/09
(大阪府立環境農林水産総合研究所ほか)気象台・環農水研共催セミナー 気象情報を味方につける!「最新の気象予測技術とぶどう栽培への応用」
2019/12/18
「気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)」等の結果(農林水産省関係)について
2019/12/16
(気象庁)台風進路予測や降水予測の精度が改善 ~全球モデルの初期値作成処理の高度化~
2019/12/13
第553回技術情報交流セミナー「地球温暖化に適応した水稲高温耐性品種の開発」
次の10件 >
注目情報
  コラム:ヒメヤママユ――試行錯誤の美(むしたちの日曜日83)
注目情報PHOTO  「ツバキの花を食べるきのこがあるんだって」  そんな話を聞いたのは、もう何年も前のことだ。  図鑑で調べると、ツバキキンカクチャワンタケだとわかった。  花を食べるといっても、きのこだから、花をかじるわけではない。その形のまま地面に...
もっと見る