ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
農研機構-MARCOシンポジウム「今こそ土壌の炭素貯留~4/1000イニシアチブとともに」  2017-02-22

 
日時 :2月28日(火) 10:00~17:00(予定)
場所 :つくば国際会議場(エポカルつくば)(茨城県つくば市竹園2-20-3)
 
内容 :気候変動への対策のため、世界中の土壌炭素を増やそうという「4/1000イニシアチブ」が、2015年の国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で提案された。
このたび、モンスーンアジア域における4/1000イニシアチブに対する活動の可能性を探るため、 モンスーンアジア農業環境研究コンソーシアム(MARCO)の枠組を活用し、国外(フランス、中国、タイ、インド、英国)および国内の専門家を招いて国際シンポジウムを開催する。使用言語英語、参加費無料。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2017/06/14
JIRCAS-NARO国際シンポジウム「農業分野における温室効果ガス排出」
2017/06/07
(農林水産省)「平成27年地球温暖化影響調査レポート」を掲載
2017/06/06
第14回農研機構東北農研市民講座「気候変動に備える -将来、作物の生育や収量はどのように変わるか-」
2017/06/05
品種改良で気候変動を緩和 -求められる、農地からの温室効果ガス発生の画期的削減技術-
2017/05/30
(農業環境変動研究センター)夏季の農業気象(高温に関する指標)について
2017/05/18
2017地球温暖化防止展
2017/04/21
平成28年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書「地球温暖化適応技術の確立と普及を目指して」(ナシ)
2017/04/20
平成28年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書「地球温暖化に伴う高温耐性品種等の導入とその普及を目指して」
2017/04/19
平成28年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書「水稲温暖化適応技術の確立と普及を目指して」
2017/04/19
平成28年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書「地球温暖化適応技術の確立と普及を目指して」(茶)
次の10件 >
注目情報
  お知らせ:平成28年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書「水稲温暖化適応技術の確立と普及を目指して」
注目情報PHOTO  水稲温暖化適応技術協議会(事務局:(一社)全国農業改良普及支援協会)は、温暖化に係る情報の共有化と温暖化現地適応技術の確立を目指し事業に取り組んでいるが、このたび、平成28年度報告書「水稲温暖化適応技術の確立と普及を目指して」を作成した。...
もっと見る