ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
平成28年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書「水稲温暖化適応技術の確立と普及を目指して」  2017-04-19

 
~ICTによる水稲高温障害軽減・回避技術の実証~
 水稲温暖化適応技術協議会(事務局:(一社)全国農業改良普及支援協会)は、温暖化に係る情報の共有化と温暖化現地適応技術の確立を目指し事業に取り組んでいるが、このたび、平成28年度報告書「水稲温暖化適応技術の確立と普及を目指して」を作成した。
 


 本報告書には、専門家によるサポートチームの支援活動、水稲の温暖化適応策現地技術実証調査の取り組み結果等を掲載している。
 
▼ダウンロードは>>こちらから(PDFファイル:12.7MB)

 
 
過去のお知らせ一覧
2018/06/18
(気象庁)雨量分布の予報を15時間先まで延長 ~夕方の時点で翌朝の雨量分布が把握可能に~
2018/06/15
高温でも着色しやすく、軟化もしにくい リンゴ新品種「紅みのり」
2018/06/14
高温でも濃赤色に着色しやすく、食味も良い リンゴ新品種「錦秋」
2018/06/12
平成30年度第1回気象ビジネス推進コンソーシアムセミナー
2018/06/07
土づくり推進フォーラム講演会
2018/05/31
(東京大学大気海洋研究所)気候さいえんすCafe
2018/05/11
国際セミナー「気候変動対応等における植物遺伝資源をめぐる国際状況」
2018/04/18
養豚や乳用牛・肉用牛生産がもたらす環境負荷はもっと小さいことが判明
2018/04/17
光合成能力が高く多収性のイネ品種を高CO2濃度で栽培したときの水消費量は、一般品種の現行濃度での栽培と同程度
2018/04/16
農業用水・農地等の整備事業の地域経済への波及効果と環境影響を簡便に評価するWEBツールを公開
次の10件 >
注目情報
  コラム:はさみ虫――異形にして孤高の存在(むしたちの日曜日71)
注目情報PHOTO  はさみのある虫はカッコいい。  いつのころからか、そう思うようになった。  「虫」といっても広い意味での虫だから、その名を持つハサミムシだけではない。カニもザリガニもヤシガニも含めての話である。  たとえば沖縄などに生息するヤシガニ...
もっと見る