ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
西南暖地に向く早生モモ新品種「さくひめ」  2017-06-29

 
-冬の気温が高くても栽培可能で品質優良な品種-
農研機構 果樹茶業研究部門は、温暖化により冬の気温が高くても安定した開花と果実生産が見込める、早生のモモ品種「さくひめ」を育成した。
果実の大きさや糖度は、早生の主要品種である「日川白鳳」と同等で、「日川白鳳」よりも5日ほど早く成熟する。全国で栽培可能で、早生品種の栽培割合の高い西日本の産地を中心に普及が期待される。苗木は平成29年秋より販売される見込み。
 
詳細は<<こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2017/09/20
温暖化により増加しているナシ発芽不良の主要因が、「凍害」であることを解明
2017/09/15
(東北農業研究センター)「2017年7、8月の東北地方の気象の特徴 -過去の冷害年との比較- 」を掲載
2017/09/06
(農研機構)メッシュ農業気象データ利用マニュアル(2017年版)を掲載
2017/09/01
温暖化の進行で世界の穀物収量の伸びは鈍化する
2017/08/30
APEC気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するハイレベル政策対話(概要)を掲載
2017/08/02
(日本農学会)平成29年度シンポジウム「大変動時代の食と農」
2017/07/31
平成29年度近畿地域マッチングフォーラム -気候変動に適応するための農業技術-
2017/06/29
西南暖地に向く早生モモ新品種「さくひめ」
2017/06/14
JIRCAS-NARO国際シンポジウム「農業分野における温室効果ガス排出」
2017/06/07
(農林水産省)「平成27年地球温暖化影響調査レポート」を掲載
次の10件 >
注目情報
  お知らせ:平成28年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書「水稲温暖化適応技術の確立と普及を目指して」
注目情報PHOTO  水稲温暖化適応技術協議会(事務局:(一社)全国農業改良普及支援協会)は、温暖化に係る情報の共有化と温暖化現地適応技術の確立を目指し事業に取り組んでいるが、このたび、平成28年度報告書「水稲温暖化適応技術の確立と普及を目指して」を作成した。...
もっと見る