ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
西南暖地に向く早生モモ新品種「さくひめ」  2017-06-29

 
-冬の気温が高くても栽培可能で品質優良な品種-
農研機構 果樹茶業研究部門は、温暖化により冬の気温が高くても安定した開花と果実生産が見込める、早生のモモ品種「さくひめ」を育成した。
果実の大きさや糖度は、早生の主要品種である「日川白鳳」と同等で、「日川白鳳」よりも5日ほど早く成熟する。全国で栽培可能で、早生品種の栽培割合の高い西日本の産地を中心に普及が期待される。苗木は平成29年秋より販売される見込み。
 
詳細は<<こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2018/05/11
国際セミナー「気候変動対応等における植物遺伝資源をめぐる国際状況」
2018/04/18
養豚や乳用牛・肉用牛生産がもたらす環境負荷はもっと小さいことが判明
2018/04/17
光合成能力が高く多収性のイネ品種を高CO2濃度で栽培したときの水消費量は、一般品種の現行濃度での栽培と同程度
2018/04/16
農業用水・農地等の整備事業の地域経済への波及効果と環境影響を簡便に評価するWEBツールを公開
2018/04/10
(国立環境研究所)春の環境講座-地球の事でアタマをいっぱいにする1日-
2018/04/05
気候変動等の環境変動への対応及び生物多様性保全のための研究開発の紹介ページを公開
2018/04/04
(農研機構)メッシュ農業気象データシステムを公開
2018/03/28
(農業環境変動研究センター)「2017年夏季の農業気象(高温に関する指標)」を掲載
2018/03/27
(農研機構)「被覆資材によるリンゴ日焼け軽減マニュアル」を掲載
2018/03/19
(気象庁)世界の天候データツール(ClimatView 日別値)を公開
次の10件 >
注目情報
  コラム:3月から初夏の陽気(あぜみち気象散歩67)
注目情報PHOTO  この春は3月から急に気温が上昇し、寒かった冬がウソのように一転して暖かくなった(図1)。3月の平均気温は北・東・西日本でかなり高く、東日本では1946年の統計開始以来3月として第1位の高温だった。早春だというのに初夏の陽気の日もあり、25...
もっと見る