ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(日本農学会)平成29年度シンポジウム「大変動時代の食と農」  2017-08-02

 
日時 :10月14日(土)10:00~
場所 :東京大学弥生講堂・一条ホール (東京都文京区弥生1-1-1)
 
内容 :日本農学会は、「大変動時代の食と農」をテーマに平成29年度シンポジウムを開催。農・食の生産を脅かす地球規模の環境変動と、その克服・解決を目指した研究の取り組みを紹介する。定員300名、参加費無料。
 
講演
●降雨パターンの変動と林地災害の激甚化
●変動する海流システムと水産資源の持続可能性
●環境変動が雑草の生態や管理に及ぼす影響
●地球温暖化によって果樹の栽培適地はどうかわる?
●塩からい水で魚と野菜を育てる-乾燥地での持続的な食料生産をめざして-
●「地球温暖化から家畜生産を守る ~適応技術開発の取り組み~
●パイプライン用水路が持つ夏季灌漑水温の上昇抑制効果
●増大する作物病害虫の新興リスクにどう立ち向かう?
●地球環境と食料・農業に関する国際的な科学と社会のコミュニケーション
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2018/02/19
「気候変動の観測・予測・影響評価に関する統合レポート2018 ~日本の気候変動とその影響~」の公表
2018/02/16
高温でも容易に着色する極大粒のブドウ新品種「グロースクローネ」
2018/01/16
研究成果発表会「地球温暖化時代の日本の農業・水産業~その変化と適応策~」
2018/01/04
(気象庁)気候講演会「高校生と考える、地球温暖化とわたしたちの未来」
2017/12/27
(農研機構ほか)日本全国の土壌有機態炭素地図を作成
2017/12/26
第1回気象ビジネス推進コンソーシアムセミナーin福岡
2017/12/14
(気象庁)日射量予測データの提供を開始
2017/12/13
農研機構-MARCO国際シンポジウム「気候変動下のイネの高温障害にたちむかう国際観測ネットワーク MINCERnet」
2017/12/12
セミナー「地球温暖化への緩和策としてのGHG(温暖化ガス)の吸収政策が世界農業に与える影響のシナリオ分析」
2017/12/08
複数の予測モデルの利用により、二酸化炭素濃度の上昇がコメ収量に与える影響を高精度に予測
次の10件 >
注目情報
  コラム:紛らわしくも妖しのむし――ヤモリ(むしたちの日曜日69)
注目情報PHOTO  いつのころからか、年末は沖縄に出かけるようになった。いまとなってははるか以前の学生時代に初めて訪れ、すっかり気に入った。それ以来、機会があれば足を運んでいたのだが、それがすっかり恒例化した感がある。  やはり、南方の生きもの見たさである...
もっと見る