ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
温暖化の進行で世界の穀物収量の伸びは鈍化する  2017-09-01

 
-新たな将来予測の結果、世界の増加する食料需要を満たすためには、気候変動に適応した穀物生産技術がますます重要に-
●世界の主要穀物の将来の収量変化について、気候変動(気温上昇)の影響に加えて、経済発展に伴う既存の増収技術の開発途上国への普及や、播種期の移動などの簡易な対策技術の導入を考慮した、新たな予測を行った。
●トウモロコシとダイズは今世紀末までの気温上昇が1.8℃未満でも、また、コメとコムギは気温上昇が3.2℃を超えると収量増加が停滞し始めることが分かった。
●この成果から、将来の気候変動下で収量増加を維持するためには、2000年頃までに開発された増収技術の普及を開発途上国でさらに進めることに加え、より積極的な気候変動への適応技術を開発し、取り入れていくことが世界的に重要と示唆される。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2018/01/16
研究成果発表会「地球温暖化時代の日本の農業・水産業~その変化と適応策~」
2018/01/04
(気象庁)気候講演会「高校生と考える、地球温暖化とわたしたちの未来」
2017/12/27
(農研機構ほか)日本全国の土壌有機態炭素地図を作成
2017/12/26
第1回気象ビジネス推進コンソーシアムセミナーin福岡
2017/12/14
(気象庁)日射量予測データの提供を開始
2017/12/13
農研機構-MARCO国際シンポジウム「気候変動下のイネの高温障害にたちむかう国際観測ネットワーク MINCERnet」
2017/12/12
セミナー「地球温暖化への緩和策としてのGHG(温暖化ガス)の吸収政策が世界農業に与える影響のシナリオ分析」
2017/12/08
複数の予測モデルの利用により、二酸化炭素濃度の上昇がコメ収量に与える影響を高精度に予測
2017/11/29
JIRCAS-NARO国際シンポジウム「農業分野における温室効果ガス排出削減」講演資料を掲載
2017/11/24
第209回農林交流センターワークショップ「メッシュ農業気象データ利用講習会」
次の10件 >
注目情報
  コラム:ラニーニャ現象発生で師走寒波(あぜみち気象散歩65)
注目情報PHOTO  今冬は11月半ばから急に寒くなり、寒波の到来が早かった。札幌では18日から早くも本格的な雪になり、19日には積雪29cmを観測した。最高気温が0℃未満の真冬日は札幌で11月に5日を数え、1912年以来105年ぶりの寒さになった。12月に入...
もっと見る