ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
温暖化の進行で世界の穀物収量の伸びは鈍化する  2017-09-01

 
-新たな将来予測の結果、世界の増加する食料需要を満たすためには、気候変動に適応した穀物生産技術がますます重要に-
●世界の主要穀物の将来の収量変化について、気候変動(気温上昇)の影響に加えて、経済発展に伴う既存の増収技術の開発途上国への普及や、播種期の移動などの簡易な対策技術の導入を考慮した、新たな予測を行った。
●トウモロコシとダイズは今世紀末までの気温上昇が1.8℃未満でも、また、コメとコムギは気温上昇が3.2℃を超えると収量増加が停滞し始めることが分かった。
●この成果から、将来の気候変動下で収量増加を維持するためには、2000年頃までに開発された増収技術の普及を開発途上国でさらに進めることに加え、より積極的な気候変動への適応技術を開発し、取り入れていくことが世界的に重要と示唆される。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2017/11/06
(農研機構ほか)第11回農業気象研究会「気象情報を利用した作物の発育予測」
2017/11/01
公開講座 地球温暖化抑制を目指して「AMASAプロジェクトの挑戦」
2017/10/31
国民対話シンポジウム「地球温暖化対策の手段としての森林・農業-土壌の役割を中心として-」
2017/10/27
気候変動により、北海道の代表的産地で 高級ワイン用ブドウ「ピノ・ノワール」が栽培可能に
2017/10/17
農業環境技術公開セミナーin宮崎 「地球温暖化に負けない農業をめざして」
2017/10/13
(日本学術会議)『報告「気候変動に対応する育種学の課題と展開」』を公表
2017/10/05
日本熱帯果樹協会 会員交流会in松山
2017/09/27
(農林水産省)「平成28年地球温暖化影響調査レポート」を公表
2017/09/20
温暖化により増加しているナシ発芽不良の主要因が、「凍害」であることを解明
2017/09/15
(東北農業研究センター)「2017年7、8月の東北地方の気象の特徴 -過去の冷害年との比較- 」を掲載
次の10件 >
注目情報
  コラム:温暖化で大きくゆらぐ秋の天候(あぜみち気象散歩64)
注目情報PHOTO  この秋は気温の変動が大きく、とくに10月は連休の頃に30℃を超える暑さがあったかと思えば、13日からは秋雨前線が停滞して急に気温が下がり、日中は都心でも15℃前後と肌寒くなった(図1、2)。23日には超大型台風21号が静岡県に上陸し、各地...
もっと見る