ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
日本熱帯果樹協会 会員交流会in松山  2017-10-05

 
日時 :10月21日(土)13:00~
場所 :愛媛県生活文化センター 第3研修室 (愛媛県松山市北持田町139-2)
 
内容 :日本熱帯果樹協会は、会員交流会を開催。各地のアボカド栽培状況についての講習会と、松山市内のアボカド生産園地の見学を予定。10月17日(火)締切。
 
参加費等、詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2017/11/06
(農研機構ほか)第11回農業気象研究会「気象情報を利用した作物の発育予測」
2017/11/01
公開講座 地球温暖化抑制を目指して「AMASAプロジェクトの挑戦」
2017/10/31
国民対話シンポジウム「地球温暖化対策の手段としての森林・農業-土壌の役割を中心として-」
2017/10/27
気候変動により、北海道の代表的産地で 高級ワイン用ブドウ「ピノ・ノワール」が栽培可能に
2017/10/17
農業環境技術公開セミナーin宮崎 「地球温暖化に負けない農業をめざして」
2017/10/13
(日本学術会議)『報告「気候変動に対応する育種学の課題と展開」』を公表
2017/10/05
日本熱帯果樹協会 会員交流会in松山
2017/09/27
(農林水産省)「平成28年地球温暖化影響調査レポート」を公表
2017/09/20
温暖化により増加しているナシ発芽不良の主要因が、「凍害」であることを解明
2017/09/15
(東北農業研究センター)「2017年7、8月の東北地方の気象の特徴 -過去の冷害年との比較- 」を掲載
次の10件 >
注目情報
  コラム:温暖化で大きくゆらぐ秋の天候(あぜみち気象散歩64)
注目情報PHOTO  この秋は気温の変動が大きく、とくに10月は連休の頃に30℃を超える暑さがあったかと思えば、13日からは秋雨前線が停滞して急に気温が下がり、日中は都心でも15℃前後と肌寒くなった(図1、2)。23日には超大型台風21号が静岡県に上陸し、各地...
もっと見る