ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
光合成能力が高く多収性のイネ品種を高CO2濃度で栽培したときの水消費量は、一般品種の現行濃度での栽培と同程度  2018-04-17

 
高い光合成能力を持つ水稲の多収品種「タカナリ」について、約50年後を想定した高二酸化炭素(CO2)濃度条件下の栽培における水消費量を推定したところ、一般的な品種「コシヒカリ」の現CO2濃度条件下の栽培における水消費量と、ほぼ同程度であることがわかった。
将来の高CO2濃度条件下で水消費を増やさずに、より大きなコメ増収をはかるために、高い光合成能力を持つ品種の利用が有効なことが示された。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2019/03/19
気候変動と農業技術国際シンポジウム分科会(農業者と研究者をつなぐワークショップ)
2019/03/18
気候変動と農業技術国際シンポジウム 「地球規模で考える気候変動と農山漁村」
2019/03/14
気象情報とICTを活用した作物の栽培管理を支援する情報システムを開発
2019/03/06
「小規模施設園芸における簡易設置型パッドアンドファンシステムの利用法マニュアル増補版」を掲載
2019/03/05
気候変動による影響の連鎖の可視化に成功 -地球温暖化問題の全体像を人々が理解することに貢献-
2019/02/25
気候変動に対応する農業技術国際シンポジウム「地球規模で考える気候変動と農山漁村」
2019/02/22
統合的気候モデル高度化研究プログラム 平成30年度公開シンポジウム「地球温暖化なんて他人事だと思っていませんか? ~変わりゆく気候と自然災害~」
2019/02/21
第47回熱研市民公開講座「有機物による温暖化の緩和と作物生産性の維持」
2019/02/01
(農研機構)「農地気象環境診断アプリ利用マニュアル」を掲載
2019/01/31
(農研機構)「メッシュ農業気象データExcel用組み込みモジュール利用マニュアル」を掲載
次の10件 >
注目情報
  コラム:エルニーニョ現象でも少雨(あぜみち気象散歩72) 
注目情報PHOTO  今冬は、昨年末から太平洋側を中心に全国的に雨や雪の日が少なく、1月は東北の太平洋側で記録的少雨となった(図1)。 太平洋側を中心に少雨、日照時間多い傾向 図1 降水量・日照時間平年比%(2019年1月) 気象庁  福島県...
もっと見る