ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
光合成能力が高く多収性のイネ品種を高CO2濃度で栽培したときの水消費量は、一般品種の現行濃度での栽培と同程度  2018-04-17

 
高い光合成能力を持つ水稲の多収品種「タカナリ」について、約50年後を想定した高二酸化炭素(CO2)濃度条件下の栽培における水消費量を推定したところ、一般的な品種「コシヒカリ」の現CO2濃度条件下の栽培における水消費量と、ほぼ同程度であることがわかった。
将来の高CO2濃度条件下で水消費を増やさずに、より大きなコメ増収をはかるために、高い光合成能力を持つ品種の利用が有効なことが示された。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2018/09/11
(日本ブルーベリー協会)第25回ブルーベリーシンポジウム「ブルーベリーを見直す~安定経営への道~」
2018/09/10
高温耐性に優れた多収の極良食味水稲新品種 「にじのきらめき」
2018/09/05
第34回日本農業工学シンポジウム「農業における気候変化への適応と気象災害リスクの軽減」
2018/08/17
NARO-FFTC-MARCO国際シンポジウム2018「アジア・太平洋地域の小規模農家に貢献する気候変動対応型農業」
2018/08/15
平成30年度第2回気象ビジネス推進コンソーシアムセミナー
2018/08/14
高CO2濃度条件下で米の収量を増やす形質を特定
2018/08/01
(気象庁)「気候変動監視レポート2017」を公表
2018/07/24
(東京大学大気海洋研究所)気候さいえんすCafe「異常気象の考え方(そのⅣ)」
2018/07/13
農研機構「カンキツ新技術・新品種研修」第3回公開講義「気候温暖化に伴い発生が予想される諸問題と対応」
2018/07/09
(農研機構)水田域の豪雨被害のリスクを評価する手法を開発
次の10件 >
注目情報
  コラム:夏の天候の危機(あぜみち気象散歩69) 
注目情報PHOTO  異常気象は昔からあった。けれども、この夏の異常気象は、あまりにも以前とは違っている。温暖化が天気を狂わせ、命の危険を感じるほど天候が私たちに影響を与えるようになった。  今夏は記録的に早い関東甲信地方の梅雨明けに始まり、北海道の大雨、西...
もっと見る