ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
高温でも濃赤色に着色しやすく、食味も良い リンゴ新品種「錦秋」  2018-06-14

 
農研機構は、高温条件下でも濃赤色に着色しやすいだけでなく、甘味が多く歯ざわりも良い中生リンゴ「錦秋」を育成した。
着色しやすいことから、東北地方南部以南の温暖なリンゴ産地でも外観の良いリンゴを容易に生産することができる。肉質が緻密で歯ざわりが良いことに加えて、糖度が高く適度な酸味もあるため、食味が濃厚。「錦秋」は温暖なリンゴ産地でも着色と食味が良好な果実を容易に生産できることに加え、寒冷な産地でも果実肥大に問題はなく、糖度も十分に高くなることから、広範なリンゴ産地で普及が見込まれる。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2019/01/21
世界の穀物収穫面積の3分の1で3ヶ月前に収量が予測可能に
2018/12/21
先端シーズフォーラム「気候変動時代を生きる」~植物と微生物の共生による農業先端技術~
2018/12/18
(気象庁ほか)平成30年度気候講演会「異常気象時代を生きる」
2018/12/17
(気象庁)降雪の深さの新しい統計値の提供を始めます~数時間や2、3日等にわたる降雪の実況を把握しやすくなります~
2018/12/14
平成29年地球温暖化影響調査レポートを公表
2018/12/11
地球温暖化による穀物生産被害は過去30年間で平均すると世界全体で年間424億ドルと推定
2018/11/27
気候変動適応策施行記念国際シンポジウム「地域は気候変動にどう備えるか?」
2018/11/26
国立環境研究所気候変動適応センターの設立について
2018/11/20
第46回熱研市民公開講座『イネの「時」を操る品種改良』
2018/11/16
施設園芸省エネルギー生産管理マニュアルおよびチェックシートを掲載
次の10件 >
注目情報
  コラム:長かった秋(あぜみち気象散歩71) 
注目情報PHOTO  この秋は北・東日本を中心に気温が高く、暖かな秋だった(図1)。紅葉も遅れ気味で、気象庁の生物季節観測では「かえでの紅葉日」が福井では12月12日、山形では12月5日とそれぞれ平年より13日と15日も遅くなった。11月は寒気や低気圧の影響が...
もっと見る