ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(農研機構)水田域の豪雨被害のリスクを評価する手法を開発  2018-07-09

 
農研機構は、水田中心の地域(水田域)等で将来起こりうる、様々な豪雨パターン(雨量と降り方の組合せ)のシミュレーション手法を開発し、加えてその豪雨パターンにより未経験の水田冠水を含む被害を予測し、水稲減収のリスクを評価する手法を開発した。
この手法は、気候変動の影響を考慮した上で、将来の豪雨の降雨強度や発生頻度の変化を推定できるため、将来的にも農地の安全性を高める排水計画の検討に役立つ。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2018/11/16
施設園芸省エネルギー生産管理マニュアルおよびチェックシートを掲載
2018/11/15
「農研機構メッシュ農業気象データおよび同データを利用した牧草播種晩限日計算プログラム(新バージョン)」シンポジウム
2018/11/09
(気象庁)シンポジウム「農業に役立つ気象情報の利用 -栽培支援から災害対策までー」
2018/10/26
(宮崎地方気象台)平成30年度気候講演会「なんがでくっと? 温暖化対策」
2018/10/25
第15回ヤマセ研究会
2018/09/11
(日本ブルーベリー協会)第25回ブルーベリーシンポジウム「ブルーベリーを見直す~安定経営への道~」
2018/09/10
高温耐性に優れた多収の極良食味水稲新品種 「にじのきらめき」
2018/09/05
第34回日本農業工学シンポジウム「農業における気候変化への適応と気象災害リスクの軽減」
2018/08/17
NARO-FFTC-MARCO国際シンポジウム2018「アジア・太平洋地域の小規模農家に貢献する気候変動対応型農業」
2018/08/15
平成30年度第2回気象ビジネス推進コンソーシアムセミナー
次の10件 >
注目情報
  コラム:評価二分のエイリアン――寄生バチ(むしたちの日曜日73)
注目情報PHOTO  世に言う昆虫少年の多くがチョウにひかれるのとちがい、若いころのぼくの関心は鳴く虫、簡単に言えばコオロギの仲間にあった。  だがこのごろは、庭にやってくるアゲハチョウやモンシロチョウ、ルリタテハ、ツマグロヒョウモン、野山で見つけたクワコ、...
もっと見る