ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(気象庁)「平成30年7月の記録的な猛暑に地球温暖化が与えた影響と猛暑発生の将来見通し」を掲載  2019-05-22

 
気象庁気象研究所、東京大学大気海洋研究所、国立環境研究所の研究チームは、平成30年7月の記録的な猛暑に対する地球温暖化の影響と猛暑の発生回数の将来見通しを評価した。
その結果、工業化以降の人為起源による温室効果ガスの排出に伴う地球温暖化を考慮しなければ、昨年のような猛暑は起こりえなかったことが明らかになりました。また、工業化以降の世界の気温上昇が2度に抑えられたとしても、国内での猛暑日の発生回数は現在の1.8倍となると推定された。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2020/07/15
気象・気候対策ビジネスWEEK2020(夏)-大阪-(7月29日~31日)
2020/07/08
(農研機構)温暖化の農業へ与える影響と適応策をまとめた 「地球温暖化と日本の農業」を発刊
2020/06/10
研究成果発表会2020「温暖化の進行により増加する高温や豪雨に負けない農業をめざして」の講演要旨集を公開
2020/04/14
(気候変動適応情報プラットフォーム)「九州・沖縄地方における気候変動影響への適応策事例集(平成31年度版)」を掲載
2020/03/26
(茨城大学・茨城県地域気候変動適応センター)「茨城県における気候変動影響と適応策-水稲への影響-」を発行
2020/03/24
(農研機構)「2019年夏季の農業気象(高温に関する指標)」を掲載
2020/03/04
(農研機構)「気候変動」を特集した農研機構技報 第4号を刊行
2020/01/30
(農研機構)令和元年度「地域における気候変動適応実践セミナー(果樹編)」
2020/01/09
(大阪府立環境農林水産総合研究所ほか)気象台・環農水研共催セミナー 気象情報を味方につける!「最新の気象予測技術とぶどう栽培への応用」
2019/12/18
「気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)」等の結果(農林水産省関係)について
次の10件 >
注目情報
  コラム:ヒメヤママユ――試行錯誤の美(むしたちの日曜日83)
注目情報PHOTO  「ツバキの花を食べるきのこがあるんだって」  そんな話を聞いたのは、もう何年も前のことだ。  図鑑で調べると、ツバキキンカクチャワンタケだとわかった。  花を食べるといっても、きのこだから、花をかじるわけではない。その形のまま地面に...
もっと見る