ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(気象庁)「平成30年7月の記録的な猛暑に地球温暖化が与えた影響と猛暑発生の将来見通し」を掲載  2019-05-22

 
気象庁気象研究所、東京大学大気海洋研究所、国立環境研究所の研究チームは、平成30年7月の記録的な猛暑に対する地球温暖化の影響と猛暑の発生回数の将来見通しを評価した。
その結果、工業化以降の人為起源による温室効果ガスの排出に伴う地球温暖化を考慮しなければ、昨年のような猛暑は起こりえなかったことが明らかになりました。また、工業化以降の世界の気温上昇が2度に抑えられたとしても、国内での猛暑日の発生回数は現在の1.8倍となると推定された。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2019/08/13
(農研機構)北海道向け農研機構メッシュ農業気象データポータルサイトを開設
2019/08/09
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)「土地関係特別報告書」の公表(第50回総会の結果)について
2019/08/08
(日本学術会議公開シンポジウム)気候変動適応に関する農業分野(民間)の取り組み
2019/07/26
(農研機構ほか)養豚汚水浄化処理施設からの温室効果ガス排出を大幅削減
2019/07/22
第2回気象ビジネスマッチングフェア
2019/07/04
(農研機構)干ばつによる世界の穀物生産被害をマップ化
2019/06/27
初夏の日本付近の雨の降り方は将来どう変わるか? ~衛星搭載降水レーダ観測と気候モデル予測の複合利用による将来変化推定~
2019/06/19
(農研機構)温暖化に伴う、ブドウ着色不良の発生拡大を予測-温暖化適応策の計画的な導入に貢献-
2019/05/22
(気象庁)「平成30年7月の記録的な猛暑に地球温暖化が与えた影響と猛暑発生の将来見通し」を掲載
2019/04/12
(富山県農林水産総合技術センター)細霧冷房によるリンゴ‘ふじ’の仕上げ摘果による日焼け果の発生軽減技術
次の10件 >
注目情報
  コラム:天翔(か)ける夜のチョウ――スズメガ(むしたちの日曜日78)
注目情報PHOTO  令和という新しい元号にまだ、なじめないでいる。だからというわけでもないが、幕末から明治のころ、まさに時代が大変革を起こしたころの日本人がいささか気になる。  ――そういえば名和靖も江戸時代の終わりに生まれて、明治、大正を生きた人だったよ...
もっと見る