ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(気象庁)シンポジウム「農業に役立つ気象情報の利用 -栽培支援から災害対策までー」  2018-11-09

 
日時 :12月14日(金)13:00~17:00
場所 :気象庁2階講堂 (東京都千代田区大手町1-3-4)
 
内容 :農業に役立つ気象情報を紹介するとともに、それらの情報の利用者である自治体や生産現場から、実際の活用事例や気象情報への期待について、また、大雨や突風、落雷、ひょう等による災害対策に向けた最新の研究成果を紹介する。定員120名(先着順)、参加費無料。12月7日(金)締切。
 
講演 第Ⅰ部
・農業に役立つ気象情報
・気象予測を活用する栽培管理支援
・農業における気象情報の利活用について
・普及現場における気象情報の活用と農業気象災害への対応
・気温予測値を用いた山梨県におけるモモの開花予想
・農業データ連携基盤(WAGRI)について
 
講演 第Ⅱ部
・生産現場が求める気象情報
・農業保険関係の実施状況
・防災科研の極端気象研究
・地球温暖化が水稲品質に及ぼす影響と適応策
 
総合討論
・農業に役立つ気象情報の利用-栽培支援から災害対策まで-
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2019/03/19
気候変動と農業技術国際シンポジウム分科会(農業者と研究者をつなぐワークショップ)
2019/03/18
気候変動と農業技術国際シンポジウム 「地球規模で考える気候変動と農山漁村」
2019/03/14
気象情報とICTを活用した作物の栽培管理を支援する情報システムを開発
2019/03/06
「小規模施設園芸における簡易設置型パッドアンドファンシステムの利用法マニュアル増補版」を掲載
2019/03/05
気候変動による影響の連鎖の可視化に成功 -地球温暖化問題の全体像を人々が理解することに貢献-
2019/02/25
気候変動に対応する農業技術国際シンポジウム「地球規模で考える気候変動と農山漁村」
2019/02/22
統合的気候モデル高度化研究プログラム 平成30年度公開シンポジウム「地球温暖化なんて他人事だと思っていませんか? ~変わりゆく気候と自然災害~」
2019/02/21
第47回熱研市民公開講座「有機物による温暖化の緩和と作物生産性の維持」
2019/02/01
(農研機構)「農地気象環境診断アプリ利用マニュアル」を掲載
2019/01/31
(農研機構)「メッシュ農業気象データExcel用組み込みモジュール利用マニュアル」を掲載
次の10件 >
注目情報
  コラム:エルニーニョ現象でも少雨(あぜみち気象散歩72) 
注目情報PHOTO  今冬は、昨年末から太平洋側を中心に全国的に雨や雪の日が少なく、1月は東北の太平洋側で記録的少雨となった(図1)。 太平洋側を中心に少雨、日照時間多い傾向 図1 降水量・日照時間平年比%(2019年1月) 気象庁  福島県...
もっと見る