ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
対策情報 水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他   現場からの情報
温暖化Q&A
新着情報
2022/06/28
コラム
新着フォト 記録的に早い梅雨明けと早い猛暑(あぜみち気象散歩92) 
 6月27日、気象庁は関東甲信と東海、九州南部の梅雨明けを発表した。関東甲信地方は2018年の6月29日より早く、195...
2022/06/27
お知らせ
(農研機構ほか)ワックス量を調整して植物の乾燥・塩・高温耐性を増強させる仕組みを発見ー幅広い環境変動に適応する作物育種に期待-
地球温暖化の影響により世界中で干ばつ(乾燥)・塩害・日照り(高温)が多発し、農業生産に甚大な被害が生じている。 東京農...
2022/06/10
お知らせ
(農研機構)新たな牛のメタン排出量算出式を開発しマニュアル化
農研機構は牛のルーメン発酵由来メタン排出量を、搾乳ロボット等で測定した呼気中のメタン/二酸化炭素濃度比から求める、従来算...
2022/06/09
お知らせ
(農研機構)「東北農業気象『見える化』システム」を公開
農研機構は、ウェブサイト「東北農業気象見える化システム」 を公開した。「東北農業気象『見える化』システム」は、1kmメ...
2022/06/08
お知らせ
(農研機構)水稲品種「にじのきらめき」の暑さ対策
近年の地球温暖化に伴い、登熟期が高温になりやすい地域での一等米比率の低下が深刻化する中で、農研機構が育成した水稲品種「に...
 
注目情報
注目フォト   コラム:ワレカラ――スリムでとぼけた変わり者(むしたちの日曜日95)
   奇妙、けったい、奇天烈、魔物、妖怪、摩訶不思議。海には想像もつかないほど多様な生物がすんでいる。  それだけのものを抱え込んでは大変だと...
もっと見る
気づき情報
あなたの身の回りで発見した温暖化現象をお寄せください また寄せられた情報に対して「同じ現象を見た」投稿もできます
2019/10/10
北海道
この地帯では、北海道相対熟度85日タイプが主体ですが、高温続きで、収量が低下しています。...
2015/06/03
滋賀県
4月下旬~5月上旬において晴天が続き、植えたばかりの苗が、乾燥などの影響で植え痛みしています。 植えた直後に水が入れられない場合、この影響...
2015/07/13
千葉県
暑さが戻ってきた7月10日の金曜日。 夕方、今年初のヒグラシの声を聞きました。 今年はいつもより早い気がします。 夏の終わりに鳴くイメ...
2016/07/18
東京都
上野恩賜公園で今年初のミンミンゼミの声を聞きました。...
2015/08/07
千葉県
朝6時半頃ケヤキ並木で当地で初めて、4回ほど続けざまにクマゼミの鳴き声を聞きました。昨年8月柏の葉キャンパス駅近くのケヤキの中から聞こえたの...
もっと見る   投稿する