ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
次を見る
農研機構-MARCO国際シンポジウム「気候変動下のイネの高温障害にたちむかう国際観測ネットワーク MINCERnet」  2017-12-13

 
日時 :1月26日(金) 9:30 ~ 17:00
場所 :つくば国際会議場 中会議室202 (茨城県つくば市竹園2-20-3)
 
内容 :農研機構 農業環境変動研究センターは、 国際農林水産業研究センターと共催で、農研機構-MARCO国際シンポジウム「気候変動下のイネの高温障害にたちむかう国際観測ネットワーク MINCERnet」を開催。
 
農研機構農業環境変動研究センターでは、モンスーンアジア農業環境研究コンソーシアム(MARCO)の枠組みを活用して、世界の高温稲作地域を横断する国際観測ネットワーク(MINCERnet)を組織し、群落微気象と高温障害・収量のモニタリングを実施してきた。
今回のシンポジウムでは、各国のイネ高温不稔の実態を報告し、これまでのモニタリング結果を総括するとともに、近年、適応策として有望視されている高温不稔耐性品種の導入や早朝開花による高温回避等の有効性を実証的に評価するための、今後のMINCERnetの展開について議論をおこなう(使用言語:英語)。1月19日(金)締切。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2017/12/13
農研機構-MARCO国際シンポジウム「気候変動下のイネの高温障害にたちむかう国際観測ネットワーク MINCERnet」
2017/12/12
セミナー「地球温暖化への緩和策としてのGHG(温暖化ガス)の吸収政策が世界農業に与える影響のシナリオ分析」
2017/12/08
複数の予測モデルの利用により、二酸化炭素濃度の上昇がコメ収量に与える影響を高精度に予測
2017/11/29
JIRCAS-NARO国際シンポジウム「農業分野における温室効果ガス排出削減」講演資料を掲載
2017/11/24
第209回農林交流センターワークショップ「メッシュ農業気象データ利用講習会」
2017/11/22
「気候変動に対応したサイレージ用トウモロコシの二期作栽培技術<関東地域版>」を掲載
2017/11/06
(農研機構ほか)第11回農業気象研究会「気象情報を利用した作物の発育予測」
2017/11/01
公開講座 地球温暖化抑制を目指して「AMASAプロジェクトの挑戦」
2017/10/31
国民対話シンポジウム「地球温暖化対策の手段としての森林・農業-土壌の役割を中心として-」
2017/10/27
気候変動により、北海道の代表的産地で 高級ワイン用ブドウ「ピノ・ノワール」が栽培可能に
次の10件 >
注目情報
  コラム:温暖化で大きくゆらぐ秋の天候(あぜみち気象散歩64)
注目情報PHOTO  この秋は気温の変動が大きく、とくに10月は連休の頃に30℃を超える暑さがあったかと思えば、13日からは秋雨前線が停滞して急に気温が下がり、日中は都心でも15℃前後と肌寒くなった(図1、2)。23日には超大型台風21号が静岡県に上陸し、各地...
もっと見る