ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
次を見る
農業環境技術公開セミナーin宮崎 「地球温暖化に負けない農業をめざして」  2017-10-17

 
日時 :11月1日(水)13:00~16:30
場所 :宮崎県総合農業試験場 研修棟 (宮崎市佐土原町下那珂5805)
 
内容 :農研機構(農業環境変動研究センターおよび九州沖縄農業研究センター)と宮崎県農水産業温暖化研究センターは共催で、「地球温暖化に負けない農業をめざして」をテーマに「農業環境技術公開セミナーin宮崎」を開催。
農業環境関連研究の最新成果を広く紹介し、農業環境技術に対する参加者の相互理解と研究成果の社会実装に向けた連携・協力の推進を図る。定員120名(先着順)、参加費無料。10月25日(水)締切。
 
口頭発表
・気候変動が世界の食料生産に与える影響
・温暖化を生かす視点でのライチの栽培技術確立に向けた取組
・イネの収量や品質は50年後にどう変わるのか
・気象学的アプローチからみた良食味米生産対策
・気候変動に立ち向かう稲作り
・温暖化と家畜の繁殖について
・温暖化が肥育牛の生産性に及ぼす影響
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2017/10/17
農業環境技術公開セミナーin宮崎 「地球温暖化に負けない農業をめざして」
2017/10/13
(日本学術会議)『報告「気候変動に対応する育種学の課題と展開」』を公表
2017/10/05
日本熱帯果樹協会 会員交流会in松山
2017/09/27
(農林水産省)「平成28年地球温暖化影響調査レポート」を公表
2017/09/20
温暖化により増加しているナシ発芽不良の主要因が、「凍害」であることを解明
2017/09/15
(東北農業研究センター)「2017年7、8月の東北地方の気象の特徴 -過去の冷害年との比較- 」を掲載
2017/09/06
(農研機構)メッシュ農業気象データ利用マニュアル(2017年版)を掲載
2017/09/01
温暖化の進行で世界の穀物収量の伸びは鈍化する
2017/08/30
APEC気候変動に対応した食料安全保障と持続可能な農業の促進に関するハイレベル政策対話(概要)を掲載
2017/08/02
(日本農学会)平成29年度シンポジウム「大変動時代の食と農」
次の10件 >
注目情報
  コラム:ザトウムシ――謎多きあしながおじさん(むしたちの日曜日67) 
注目情報PHOTO  山に入ると、ふだん見ないものに出くわす。  ある時は倒木の上に、粘菌とも変形菌とも呼ばれる奇妙でわくわく感たっぷりのものを見つけた。またある時は、冬虫夏草を含む異形のきのこ類が目に飛び込んできた。そしてまたまた別の機会には地衣類、コケ類...
もっと見る