ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
次を見る
光合成能力が高く多収性のイネ品種を高CO2濃度で栽培したときの水消費量は、一般品種の現行濃度での栽培と同程度  2018-04-17

 
高い光合成能力を持つ水稲の多収品種「タカナリ」について、約50年後を想定した高二酸化炭素(CO2)濃度条件下の栽培における水消費量を推定したところ、一般的な品種「コシヒカリ」の現CO2濃度条件下の栽培における水消費量と、ほぼ同程度であることがわかった。
将来の高CO2濃度条件下で水消費を増やさずに、より大きなコメ増収をはかるために、高い光合成能力を持つ品種の利用が有効なことが示された。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2018/04/17
光合成能力が高く多収性のイネ品種を高CO2濃度で栽培したときの水消費量は、一般品種の現行濃度での栽培と同程度
2018/04/16
農業用水・農地等の整備事業の地域経済への波及効果と環境影響を簡便に評価するWEBツールを公開
2018/04/10
(国立環境研究所)春の環境講座-地球の事でアタマをいっぱいにする1日-
2018/04/05
気候変動等の環境変動への対応及び生物多様性保全のための研究開発の紹介ページを公開
2018/04/04
(農研機構)メッシュ農業気象データシステムを公開
2018/03/28
(農業環境変動研究センター)「2017年夏季の農業気象(高温に関する指標)」を掲載
2018/03/27
(農研機構)「被覆資材によるリンゴ日焼け軽減マニュアル」を掲載
2018/03/19
(気象庁)世界の天候データツール(ClimatView 日別値)を公開
2018/03/16
(気象庁)地方ごとの「農業に役立つ気象情報の利用の手引き」を公開
2018/03/02
暑さや病害虫に強く、多収な水稲新品種「秋はるか」
次の10件 >
注目情報
  コラム:アシブトメミズムシ――キュートな猛獣(むしたちの日曜日70)
注目情報PHOTO  水ぬるむころ、まさに水に誘われるようにしてトウキョウサンショウウオの産卵を見に行く。自宅から30分も車を走らせれば、いつもの田んぼに到着だ。  できるなら、もう少し早い時期がいいのはわかっている。田んぼのまわりの雑木林から成熟したカップ...
もっと見る