ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
次を見る
「令和3年地球温暖化影響調査レポート」の公表について  2022-09-20

 
農林水産省は、都道府県の協力を得て、地球温暖化の影響と考えられる農業生産現場における高温障害等の影響、その適応策等について報告のあった内容を取りまとめ、「令和3年地球温暖化影響調査レポート」として公表した。
 
●水稲では、出穂期以降の高温により白未熟粒が多くの都道府県で発生。発生抑制のため、水管理の徹底、適期移植・収穫の実施、高温耐性品種の導入
 
●果実肥大期以降の高温により、ぶどう・りんごでは着色不良・着色遅延、うんしゅうみかんでは日焼け果や浮皮が発生。着色不良・着色遅延対策として、着色優良品種や着色を気にしなくてよい黄緑系品種の導入。日焼け果対策として樹冠上部・表層摘果の実施。浮皮対策として植物成長調整剤の活用。
 
●トマトでは、収穫期の高温により着花・着果不良、不良果が発生。いちごでは、花芽分化期の高温により花芽分化の遅れが発生。着花・着果不良及び不良果対策として、遮光資材の活用、細霧冷房・循環扇の導入。花芽分化安定・促進のため、新品種導入やクラウン部冷却の実施。
 
その他、詳細は>>こちらから
 

 
 
過去のお知らせ一覧
2022/09/20
「令和3年地球温暖化影響調査レポート」の公表について
2022/09/14
農産物の生産段階における温室効果ガスを算定できる「温室効果ガス簡易算定シート」(試行版)を作成
2022/09/07
(農研機構)水稲の高温不稔を引き起こす穂の温度上昇には 湿度が強く影響
2022/08/10
(農研機構ほか)OEDC-CRP協賛 NARO-FFTC国際シンポジウム「気候変動下の食料システム-持続的発展のための適応・緩和の両立と気候情報の高度活用」(オンライン併用)
2022/06/27
(農研機構ほか)ワックス量を調整して植物の乾燥・塩・高温耐性を増強させる仕組みを発見ー幅広い環境変動に適応する作物育種に期待-
2022/06/10
(農研機構)新たな牛のメタン排出量算出式を開発しマニュアル化
2022/06/09
(農研機構)「東北農業気象『見える化』システム」を公開
2022/06/08
(農研機構)水稲品種「にじのきらめき」の暑さ対策
2022/06/06
「TCFD提言に基づく気候関連リスクの情報開示の手引書(実践編)」の公表
2022/04/26
(農研機構ほか)気候変動は東南アジアの熱帯雨林樹木の開花・結実頻度を減少させる
次の10件 >
注目情報
  コラム:2022年夏、日本と世界を襲った異常気象(あぜみち気象散歩93)
注目情報PHOTO  この夏は長い。6月25日から関東を中心に夏空が広がり、7月初めまで全国的に記録的猛暑が続いた。7月中旬には暑さが和らいだが、7月末から再び猛暑となり、今年2度目の夏が到来した。8月の気温は変動しながらも高く、下旬になってもむし暑い日が多く...
もっと見る