ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
対策情報 水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他   現場からの情報
温暖化Q&A
新着情報
2020/10/28
お知らせ
(農研機構ほか)ナスに単為結果性をもたらす仕組みを解明した成果が国際科学誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載
農研機構とタキイ種苗は、受粉しなくても果実が肥大する単為結果という現象がナスで起こる仕組みを解明し、2015年に特許出願...
2020/10/27
お知らせ
(農研機構)三球温度計:コンパクトな新原理のセンサ
農研機構は、大きさの異なる3つの小さな球の温度から、日射などの影響を計算で除去して正確な気温を求める新しい温度計を開発し...
2020/10/13
お知らせ
(農研機構)農業用水の循環の可視化による渇水の予測手法の開発
農研機構は、渇水の予測や農業用水の利用に関する気候変動への適応策の検討に用いることができる流域水循環のシミュレーションモ...
2020/10/08
お知らせ
第32回農研機構東北農研市民講座「気候変動がイネ害虫のカメムシ類に与える影響」
日時 :11月7日(土)9:30~10:30 場所 :農研機構 東北農業研究センター北辰興農閣研修室 (岩手県盛岡市下...
2020/10/02
お知らせ
(農研機構)世界の穀物生産における温暖化への適応費用を試算
農研機構を中心とした研究グループは、生産費用と収量の関係をもとに、気候変動(地球温暖化)が世界の主要穀物の生産に及ぼす影...
 
注目情報
注目フォト   コラム:長梅雨のち猛暑(あぜみち気象散歩81) 
   今年の梅雨は長かった。6月は梅雨の晴れ間が多かったが、7月は曇雨天が続き、「令和2年7月豪雨」が発生した。梅雨明けは奄美地方で平年より21...
もっと見る
気づき情報
あなたの身の回りで発見した温暖化現象をお寄せください また寄せられた情報に対して「同じ現象を見た」投稿もできます
2019/10/10
北海道
この地帯では、北海道相対熟度85日タイプが主体ですが、高温続きで、収量が低下しています。...
2015/07/13
千葉県
暑さが戻ってきた7月10日の金曜日。 夕方、今年初のヒグラシの声を聞きました。 今年はいつもより早い気がします。 夏の終わりに鳴くイメ...
2015/06/03
滋賀県
4月下旬~5月上旬において晴天が続き、植えたばかりの苗が、乾燥などの影響で植え痛みしています。 植えた直後に水が入れられない場合、この影響...
2016/07/18
東京都
上野恩賜公園で今年初のミンミンゼミの声を聞きました。...
2015/08/07
千葉県
朝6時半頃ケヤキ並木で当地で初めて、4回ほど続けざまにクマゼミの鳴き声を聞きました。昨年8月柏の葉キャンパス駅近くのケヤキの中から聞こえたの...
もっと見る   投稿する