ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(農研機構ほか)第11回農業気象研究会「気象情報を利用した作物の発育予測」  2017-11-06

 
日時 :12月18日(月)13:00~17:00
場所 :気象庁講堂 (東京都千代田区大手町1-3-4)
 
内容 :近年の温暖化傾向を反映して、作物の生育が従来とは異なる事例が増加しており、暦日を指標とする慣行的な方法では栽培管理を適切に行うことが困難になりつつある。また、農地の集約化が進むわが国では、一つの経営体が管理する作物や品種が多様化しており、作期の編成や作業スケジュールを管理するうえで、作物の発育を精度よく予測する重要性がこれまでになく高まっている。
そこで、農研機構と気象庁は共催で、農業気象研究会「気象情報を利用した作物の発育予測」を開催。様々な作物における発育の考え方や予測の手法、最新の研究動向について知識を共有するとともに、発育予測を栽培管理に活用するための課題について検討する。定員120名(先着順)、参加費無料。
 
基調講演
・発育ステージの気象的予測について-水稲を中心として-
発育予測の方法とその利用
・小麦栽培における発育予測
・大豆栽培における発育予測
・野菜栽培における発育予測
・果樹栽培における発育予測
栽培管理への利用技術
・発育予測と気象庁データ
・メッシュ農業気象データによる発育予測
・発育予測の社会実装の取り組み
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2018/04/17
光合成能力が高く多収性のイネ品種を高CO2濃度で栽培したときの水消費量は、一般品種の現行濃度での栽培と同程度
2018/04/16
農業用水・農地等の整備事業の地域経済への波及効果と環境影響を簡便に評価するWEBツールを公開
2018/04/10
(国立環境研究所)春の環境講座-地球の事でアタマをいっぱいにする1日-
2018/04/05
気候変動等の環境変動への対応及び生物多様性保全のための研究開発の紹介ページを公開
2018/04/04
(農研機構)メッシュ農業気象データシステムを公開
2018/03/28
(農業環境変動研究センター)「2017年夏季の農業気象(高温に関する指標)」を掲載
2018/03/27
(農研機構)「被覆資材によるリンゴ日焼け軽減マニュアル」を掲載
2018/03/19
(気象庁)世界の天候データツール(ClimatView 日別値)を公開
2018/03/16
(気象庁)地方ごとの「農業に役立つ気象情報の利用の手引き」を公開
2018/03/02
暑さや病害虫に強く、多収な水稲新品種「秋はるか」
次の10件 >
注目情報
  コラム:アシブトメミズムシ――キュートな猛獣(むしたちの日曜日70)
注目情報PHOTO  水ぬるむころ、まさに水に誘われるようにしてトウキョウサンショウウオの産卵を見に行く。自宅から30分も車を走らせれば、いつもの田んぼに到着だ。  できるなら、もう少し早い時期がいいのはわかっている。田んぼのまわりの雑木林から成熟したカップ...
もっと見る