ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
高温耐性に優れた多収の極良食味水稲新品種 「にじのきらめき」  2018-09-10

 
農研機構は、高温登熟性と耐倒伏性に優れる中生水稲新品種「にじのきらめき」を育成した。
草丈が短くて耐倒伏性が強く、「コシヒカリ」に比べて標肥栽培で15%程度、「コシヒカリ」が倒伏する多肥栽培では30%弱多収。玄米の外観品質は「コシヒカリ」よりも良好で、高温条件で栽培しても玄米品質に優れる。炊飯米の食味は「コシヒカリ」と同等の極良食味。縞葉枯病に抵抗性を持つため、北陸だけでなく関東、東海以西でも栽培が可能。北関東の群馬県を中心に普及の取り組みが進められる予定となっている。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2019/02/22
統合的気候モデル高度化研究プログラム 平成30年度公開シンポジウム「地球温暖化なんて他人事だと思っていませんか? ~変わりゆく気候と自然災害~」
2019/02/21
第47回熱研市民公開講座「有機物による温暖化の緩和と作物生産性の維持」
2019/02/01
(農研機構)「農地気象環境診断アプリ利用マニュアル」を掲載
2019/01/31
(農研機構)「メッシュ農業気象データExcel用組み込みモジュール利用マニュアル」を掲載
2019/01/31
第12回農業気象研究会 「気象情報とICTを活用した栽培管理支援技術の展開」
2019/01/24
(気象庁)気象観測・予測へのAI技術の活用に向けた共同研究を開始
2019/01/21
世界の穀物収穫面積の3分の1で3ヶ月前に収量が予測可能に
2018/12/21
先端シーズフォーラム「気候変動時代を生きる」~植物と微生物の共生による農業先端技術~
2018/12/18
(気象庁ほか)平成30年度気候講演会「異常気象時代を生きる」
2018/12/17
(気象庁)降雪の深さの新しい統計値の提供を始めます~数時間や2、3日等にわたる降雪の実況を把握しやすくなります~
次の10件 >
注目情報
  コラム:キンカメムシ――あっと驚く七変化(むしたちの日曜日75)
注目情報PHOTO  1年ぶりに出かけた沖縄県。  ぼくにしては珍しく、今回はこれが見たいという目的があった。そのひとつは、タビビトノキの実であった。  漢字も交えて書けば「旅人の木」。旅人というだけでロマンを感じるのに、その旅人のための木というのだから、...
もっと見る