ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
気候変動による影響の連鎖の可視化に成功 -地球温暖化問題の全体像を人々が理解することに貢献-  2019-03-05

 
地球温暖化は人間社会や自然環境に様々な問題を引き起こし、ある問題が別の問題を引き起こすというように、「影響の連鎖」が生ずる。国立研究開発法人国立環境研究所、国立大学法人東京大学、国立大学法人東京工業大学など研究プロジェクトチームは、気候変動の影響に関する文献の網羅的な調査を行い、得られたデータを理解可能な図として表現することで、気候変動が及ぼす影響の連鎖を可視化をすることに成功し、論文として発表した。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2019/07/04
(農研機構)干ばつによる世界の穀物生産被害をマップ化
2019/06/27
初夏の日本付近の雨の降り方は将来どう変わるか? ~衛星搭載降水レーダ観測と気候モデル予測の複合利用による将来変化推定~
2019/06/19
(農研機構)温暖化に伴う、ブドウ着色不良の発生拡大を予測-温暖化適応策の計画的な導入に貢献-
2019/05/22
(気象庁)「平成30年7月の記録的な猛暑に地球温暖化が与えた影響と猛暑発生の将来見通し」を掲載
2019/04/12
(富山県農林水産総合技術センター)細霧冷房によるリンゴ‘ふじ’の仕上げ摘果による日焼け果の発生軽減技術
2019/04/11
(富山県農林水産総合技術センター)リンゴ‘ふじ’の仕上げ摘果による日焼け果の発生軽減技術を開発
2019/04/10
(富山県農林水産総合技術センター)リンゴ日焼け果の発生軽減対策技術マニュアルを掲載
2019/04/09
(農研機構)「メッシュ農業気象データ利用マニュアルVer.4」を掲載
2019/03/20
新第217回農林交流センターワークショップ「栽培環境における気温の観測技法と利用」
2019/03/19
気候変動と農業技術国際シンポジウム分科会(農業者と研究者をつなぐワークショップ)
次の10件 >
注目情報
  コラム:初夏の猛暑と梅雨の嵐(あぜみち気象散歩74)
注目情報PHOTO  5月は下旬を中心に気温が高かった(図1)。26日には全国566の地点で真夏日になり、53の地点で猛暑日となった。なかでも、北海道佐呂間では39.5℃まで上がり、5月として全国の観測史上最高を記録した。東京都心は24日から30℃を超え、5月...
もっと見る