ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
新第217回農林交流センターワークショップ「栽培環境における気温の観測技法と利用」  2019-03-20

 
日時 :6月5日(水)~6月7日(金)
場所 :農林水産技術会議事務局 筑波産学連携支援センターおよび農研機構 農業環境変動研究センター (ともに茨城県つくば市観音台)
 
内容 :農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センターおよび農研機構は、「栽培環境における気温の観測技法と利用」をテーマに、「第217回農林交流センターワークショップ」を開催。作物が栽培される屋外の環境で、気温を精度よく観測して利用するために必要な一連の知識と技法を基礎から総合的に習得。
まず安価で自作可能な強制通風筒をそれぞれ製作し、続いてそれを温湿度データロガーと組み合わせて屋外で観測を行い、より正確な観測値を得るための観測技法を実地に習得する。また、気温観測の理論や気象データのまとめ方、農耕地で観測される気温とAMeDASのそれとの違いなどを講義や屋内実習を通じて学ぶ。定員8名、参加費税込56,000円(予定)。5月7日(火)12:00締切。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2019/04/12
(富山県農林水産総合技術センター)細霧冷房によるリンゴ‘ふじ’の仕上げ摘果による日焼け果の発生軽減技術
2019/04/11
(富山県農林水産総合技術センター)リンゴ‘ふじ’の仕上げ摘果による日焼け果の発生軽減技術を開発
2019/04/10
(富山県農林水産総合技術センター)リンゴ日焼け果の発生軽減対策技術マニュアルを掲載
2019/04/09
(農研機構)「メッシュ農業気象データ利用マニュアルVer.4」を掲載
2019/03/20
新第217回農林交流センターワークショップ「栽培環境における気温の観測技法と利用」
2019/03/19
気候変動と農業技術国際シンポジウム分科会(農業者と研究者をつなぐワークショップ)
2019/03/18
気候変動と農業技術国際シンポジウム 「地球規模で考える気候変動と農山漁村」
2019/03/14
気象情報とICTを活用した作物の栽培管理を支援する情報システムを開発
2019/03/06
「小規模施設園芸における簡易設置型パッドアンドファンシステムの利用法マニュアル増補版」を掲載
2019/03/05
気候変動による影響の連鎖の可視化に成功 -地球温暖化問題の全体像を人々が理解することに貢献-
次の10件 >
注目情報
  コラム:高貴なるクリーナー――センチコガネ(むしたちの日曜日76)
注目情報PHOTO  世の中、ちょっとした雲古ばやりである。子どもたちに雲古のドリルを与えれば学習意欲が増して学力が向上するとか、雲古しばりの読み物、雲古の絵本などが次々と出てくる。ちなみに、雲古しばりといっても、ひものようにのばした雲古で何かをしばるわけでは...
もっと見る