ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(農研機構ほか)ナスに単為結果性をもたらす仕組みを解明した成果が国際科学誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載  2020-10-28

 
農研機構とタキイ種苗は、受粉しなくても果実が肥大する単為結果という現象がナスで起こる仕組みを解明し、2015年に特許出願し、2017年に登録されたが、このたび、その成果が世界的に権威のある科学誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載された。
 
通常、単為結果しないナスでは、受粉するまでは子房内の植物ホルモンのオーキシン量が低い状態に保たれているが、受粉後に増加し、その作用で果実が肥大する。pad-1変異体では、受粉前の子房のオーキシンの増加を抑える酵素の機能が失われており、受粉していない状態で高濃度のオーキシンが蓄積し、果実が肥大することが明らかになった。
今回の研究成果を利用して、タキイ種苗は、単為結果性のナス品種「PC筑陽(ピーシーちくよう)」を育成。この品種は、着果促進剤を使用しなくても通常の品種と同等の収量を示し、省力化や生産の安定化につながることから、現在普及が進んでいる。昨今の地球温暖化の急速な進行は、果実生産に悪影響を及ぼす可能性が懸念されており、単為結果性品種の利用拡大はこれを回避する有効な方法であると期待されている。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2021/05/18
令和3年度第1回長野県有機農業推進プラットフォーム勉強会(オンライン)
2021/04/09
(農研機構)「地域気候変動適応策評価のための「農研機構地域気候シナリオデータセット」の利用標準作業手順書」を掲載
2021/04/06
(農研機構)「気象リスクに対応した安定的な飼料作物生産技術の開発」技術紹介パンフレットを掲載
2021/03/15
(農研機構)水田は、周辺地域の気温の上昇を緩和しているが、 その効果は大気CO2の増加により低下する
2021/03/10
(農研機構)「50mメッシュ精密気象データの作成法標準作業手順書」を掲載
2021/03/04
(国立環境研究所ほか)オンラインセミナー【シリーズ、若者が聞く!】気候変動は「どのくらい」「どう」ヤバいのか?(②食と農)
2021/02/26
(農研機構)研究成果発表会「地球温暖化対策の要請に応える日本の家畜生産」ダイジェスト版を掲載
2021/01/26
(農研機構ほか)第1回「農業における土壌微生物を活用したクールアース」国際シンポジウム(オンライン)
2021/01/15
(農林水産省)品目ごとの気象被害防止に向けた技術対策
2021/01/13
農業気象情報衛星モニタリングシステム(JASMAI)の公開について
次の10件 >
注目情報
  コラム:記録的高温の春(あぜみち気象散歩85)
注目情報PHOTO  3月は全国的に気温が高く、北・東・西日本では記録的な高温となった(図1)。サクラも各地で記録的に早く開花した。果樹などの農作物も生育が早まったところへ、4月は寒の戻りがあり凍霜害が発生した。4月下旬には気温が急上昇し真夏日のところが現れた...
もっと見る