ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(農研機構ほか)将来の不確実性を考慮に入れた飢餓リスクとその対応策の算定  2021-08-12

 
京都大学は、立命館大学、農研機構、国立環境研究所と共同で、気候変動によって極端な気象現象が増加し、世界全体の将来飢餓リスクがどの程度増えるのか、またそれに備えるには食料備蓄がどの程度追加で必要になるかを明らかにした。本研究は今後の温室効果ガス削減の重要性を再確認するとともに、温暖化してしまった時に備える適応策の重要性も示している。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2021/09/13
日本農業工学会第36回シンポジウム ~「みどりの食料システム戦略」に挑戦する新しい農作業研究~(オンライン)
2021/09/06
(国際農研)少ない窒素肥料で高い生産性を示すコムギの開発に成功-窒素汚染防止と食料増産をアンモニウムの活用で両立-
2021/08/30
「令和2年地球温暖化影響調査レポート」の公表について
2021/08/20
(国際農研)ベトナム・メコンデルタで温室効果ガス削減効果を評価-水稲作と肉牛生産の複合システムによって22%削減可能-
2021/08/12
(農研機構ほか)将来の不確実性を考慮に入れた飢餓リスクとその対応策の算定
2021/08/11
(国立環境研究所)公開シンポジウム2021『気候変動適応ってなにするの?-かわりゆく気候にどう備えるか-』(オンライン)
2021/08/06
(農研機構ほか)1細胞分析から、膨圧変化に伴う蜜入りリンゴの新たな代謝メカニズムが明らかに!
2021/07/21
(農研機構)カリウムの施肥量を抑えた水稲の栽培方法により土壌中に難分解性炭素が蓄積することを発見
2021/07/20
(国際農林水産業研究センターほか)第4回畜産研究分野における気候変動緩和技術開発に関する国内ネットワーク集会(オンライン)
2021/07/19
(農研機構)気候変動による水稲の収量や外観品質への影響は従来の予測以上に深刻
次の10件 >
注目情報
  コラム:異常気象が続いた夏(あぜみち気象散歩87)
注目情報PHOTO  この夏の天候は大きく変動した。梅雨末期の豪雨に梅雨明け後の猛暑、北日本の高温少雨、台風8号と9号の上陸、雷雨、お盆の豪雨、日照不足、きびしい残暑と、一口では表現できないほど異常気象が続いた夏だった(図1)。 7月北日本猛暑、8月...
もっと見る