ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(国際農研)ベトナム・メコンデルタで温室効果ガス削減効果を評価-水稲作と肉牛生産の複合システムによって22%削減可能-  2021-08-20

 
国際農研は、農研機構、宮崎大学、ベトナム・カントー大学と共同で、メコンデルタ農村地域において、 地球温暖化の一因である温室効果ガス(GHG)排出量の削減と環境負荷低減の効果をライフサイクルアセスメントにより評価した結果、水稲作と肉牛生産にバイオガス生産を組み合わせた複合システムが、専業システムと比較して、GHG排出量を22%削減できることを明らかにした。また、バイオガス利用によりエネルギー消費量も22%削減でき、家畜ふん尿に由来し、河川等の水質へ影響を及ぼすアンモニアなどの排出量を14%低減できることもわかった。今後、本システムが水稲作・肉牛生産複合システムが、アジアモンスーン地域で取り入れられることにより、GHG削減目標の達成に貢献することが期待される。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2022/01/28
(農研機構)2021年度ポテトフォーラム(オンライン)
2022/01/19
(農研機構)猛暑年に国内水稲の高温不稔の実態を調査、モデル化で将来予測も可能に
2022/01/14
(酪農学園大学ほか)セミナー「持続可能な農業とは~気候危機と生物多様性の喪失~」(オンライン併用)
2021/12/21
(北海道農政事務所)道南地域農林水産業の諸課題解決に向けたオンラインセミナー 第2回「気候変動と今後どのように向き合うべきか」
2021/12/15
(国際農研)BNI強化コムギの温室効果ガス削減効果をLCAで評価-硝化抑制率40%のBNI強化コムギの開発により、世界のコムギ生産由来の温室効果ガスを9.5%削減へー
2021/12/14
(国際農研)CCFC研究会ワークショップ 「気候変動とコロナ禍の食料需給への影響-不確実性下のフードセキュリティ-」
2021/12/13
(大日本農会)令和3年度第5回農業懇話会「国連気候変動枠組条約 第26回締約国会議(COP26)に参加して」(オンライン併用)
2021/12/03
(生研支援センター)リンゴやブドウの着色を促す「果実発色促進装置」が誕生
2021/12/03
近畿作物・育種研究会シンポジウム「気候変動への対応を目指し た作物生産~SDGsに向けて農学が貢献できること」(オンライン)
2021/12/02
(農研機構)乳用牛の胃から、メタン産生抑制効果が期待される新規の細菌種を発見
次の10件 >
注目情報
  コラム:ラニーニャ現象による寒波と米国の竜巻発生(あぜみち気象散歩89) 
注目情報PHOTO  11月は西日本から沖縄・奄美方面に寒気が南下しやすく、北日本では暖気が入り「北暖西冷型」の気温分布だった(図1)。東日本は西日本ほどの冷え込みはなかったが、周期的に寒気が入り、12月初めまで北暖西冷型が続いた。12月上旬後半からは全国的に...
もっと見る