ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(国際農研)少ない窒素肥料で高い生産性を示すコムギの開発に成功-窒素汚染防止と食料増産をアンモニウムの活用で両立-  2021-09-06

 
国際農研は、国際コムギ・トウモロコシ改良センター、バスク大学、日本大学生物資源科学部と共同で、窒素肥料の量を減らしても高い生産性を示す生物的硝化抑制(BNI)強化コムギの開発に成功した。
開発したBNI強化コムギは、高いBNI能を持つ野生コムギ近縁種であるオオハマニンニクの属間交配により、多収品種にBNI能を付与した系統である。この過程で、オオハマニンニクの持つBNI能を制御する染色体領域を特定し、交配によるBNI能の導入を可能とした。また、BNI強化コムギは、土壌中のアンモニウムの硝化を遅らせることで、土壌のアンモニウム濃度を向上させ、低窒素環境でもコムギの生産性を高めることができる。本研究は農林水産省「みどりの食料システム戦略」にも位置付けられている。
世界の約2億2500万haものコムギ生産地域に向け、様々なコムギ品種にオオハマニンニク由来のBNI能を付加することで、硝化による農地からの温室効果ガス排出や水質汚染を低減し、生産性を向上させながら、地球温暖化を緩和することが期待できる。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2022/01/28
(農研機構)2021年度ポテトフォーラム(オンライン)
2022/01/19
(農研機構)猛暑年に国内水稲の高温不稔の実態を調査、モデル化で将来予測も可能に
2022/01/14
(酪農学園大学ほか)セミナー「持続可能な農業とは~気候危機と生物多様性の喪失~」(オンライン併用)
2021/12/21
(北海道農政事務所)道南地域農林水産業の諸課題解決に向けたオンラインセミナー 第2回「気候変動と今後どのように向き合うべきか」
2021/12/15
(国際農研)BNI強化コムギの温室効果ガス削減効果をLCAで評価-硝化抑制率40%のBNI強化コムギの開発により、世界のコムギ生産由来の温室効果ガスを9.5%削減へー
2021/12/14
(国際農研)CCFC研究会ワークショップ 「気候変動とコロナ禍の食料需給への影響-不確実性下のフードセキュリティ-」
2021/12/13
(大日本農会)令和3年度第5回農業懇話会「国連気候変動枠組条約 第26回締約国会議(COP26)に参加して」(オンライン併用)
2021/12/03
(生研支援センター)リンゴやブドウの着色を促す「果実発色促進装置」が誕生
2021/12/03
近畿作物・育種研究会シンポジウム「気候変動への対応を目指し た作物生産~SDGsに向けて農学が貢献できること」(オンライン)
2021/12/02
(農研機構)乳用牛の胃から、メタン産生抑制効果が期待される新規の細菌種を発見
次の10件 >
注目情報
  コラム:ラニーニャ現象による寒波と米国の竜巻発生(あぜみち気象散歩89) 
注目情報PHOTO  11月は西日本から沖縄・奄美方面に寒気が南下しやすく、北日本では暖気が入り「北暖西冷型」の気温分布だった(図1)。東日本は西日本ほどの冷え込みはなかったが、周期的に寒気が入り、12月初めまで北暖西冷型が続いた。12月上旬後半からは全国的に...
もっと見る