ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(国立環境研究所ほか)最新の予測では世界の穀物収量に対する気候変動影響の将来見通しが顕著に悪化  2021-11-02

 
国立環境研究所と農研機構などが参加した8カ国20の研究機関からなる国際研究チームは、将来の気候変動が世界の穀物収量に及ぼす影響について最新の予測を行った。2014年に行われた前回の予測以来7年ぶりとなる。今回の予測には、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最新の気候変動予測と12の収量モデルを用いている。
気候変動が進行した場合、今世紀末(2069-2099年)の世界の平均収量は、現在(1983-2013年)に比べて、トウモロコシでは24%減少するとの結果だった一方、コムギでは18%増加するとの結果であった。主要生産国の多い中緯度地域ではこうした収量変化がコムギでは2020年代後半から、トウモロコシでは2030年代後半から顕在化すると予測された。
これらの時期は前回の予測より10年以上早まっており、気候変動への適応を、これまでの想定よりも早く進めることが必要である。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2021/12/03
(生研支援センター)リンゴやブドウの着色を促す「果実発色促進装置」が誕生
2021/12/03
近畿作物・育種研究会シンポジウム「気候変動への対応を目指し た作物生産~SDGsに向けて農学が貢献できること」(オンライン)
2021/12/02
(農研機構)乳用牛の胃から、メタン産生抑制効果が期待される新規の細菌種を発見
2021/11/02
(国立環境研究所ほか)最新の予測では世界の穀物収量に対する気候変動影響の将来見通しが顕著に悪化
2021/10/28
「農林水産省地球温暖化対策計画」及び「農林水産省気候変動適応計画」の改定について
2021/10/25
(生物科学学会連合)公開シンポジウム「気候変動が生物多様性に与える脅威~地球はどれくらい危機的状況か~」(オンライン)
2021/09/13
日本農業工学会第36回シンポジウム ~「みどりの食料システム戦略」に挑戦する新しい農作業研究~(オンライン)
2021/09/06
(国際農研)少ない窒素肥料で高い生産性を示すコムギの開発に成功-窒素汚染防止と食料増産をアンモニウムの活用で両立-
2021/08/30
「令和2年地球温暖化影響調査レポート」の公表について
2021/08/20
(国際農研)ベトナム・メコンデルタで温室効果ガス削減効果を評価-水稲作と肉牛生産の複合システムによって22%削減可能-
次の10件 >
注目情報
  コラム:暑い秋晴れ、のち冬の兆し(あぜみち気象散歩88)
注目情報PHOTO  この秋は夏に続き気温が大きく変動した(図1)。9月前半は東日本中心に気温が下がり涼しくなったが、後半から暑さが戻った。「暑さ寒さも彼岸まで」というのに、秋分の日の頃から30℃を超える真夏日が増えはじめ、10月上旬は東・西日本で真夏日が連続...
もっと見る