ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(農研機構)猛暑年に国内水稲の高温不稔の実態を調査、モデル化で将来予測も可能に  2022-01-19

 
農研機構は、広範囲で記録的高温となった2018年に、出穂・開花期に高温に遭遇した水田において水稲(コシヒカリ)の不稔が通常より高い割合で発生したことを確認。不稔の割合と気象要素との関係を調べ、開花期の穂温から水田における不稔割合を推定するシミュレーションモデルを開発した。
この成果は、水稲生産の予測精度の向上に役立ち、高温不稔に対して、現在や将来にわたり、適切な対策を講じるための重要な基礎資料となる。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2022/04/26
(農研機構ほか)気候変動は東南アジアの熱帯雨林樹木の開花・結実頻度を減少させる
2022/04/20
農業分野の地球温暖化緩和策に関する意識・意向調査結果(令和3年度食料・農林水産業・農山漁村に関する意識・意向調査)
2022/04/07
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書第3作業部会報告書の公表について
2022/03/30
(農研機構) 農地の炭素量増加による3つの相乗効果を世界規模で定量的に推定
2022/03/28
(農研機構)「2021年夏季の農業気象(高温に関する指標)」を掲載
2022/03/17
(農研機構)ため池の豪雨対策の効果を評価する
2022/03/11
(農研機構)令和3年度家畜ふん尿処理利用研究会「気候変動下における持続的な畜産物生産に向けた研究成果発表会」(オンライン)
2022/03/08
IPCC報告書連携シンポジウム「気候変動の影響はどうなる?どう対応する?-IPCC第6次報告書と日本の研究報告」(オンライン)
2022/03/04
(農研機構)「わい化栽培リンゴ『ふじ』における着色向上のための窒素施肥」の標準作業手順書を公開
2022/03/02
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書第2作業部会報告書の公表について
次の10件 >
注目情報
  コラム:寒暖変動大きな春(あぜみち気象散歩91)
注目情報PHOTO  2月は西日本中心に寒かったが、3月は一転して気温が上昇し、4月にかけて暖春となっている(図1)。とはいえ、10日~2週間ごとに寒の戻りがあって、寒暖変動をくり返している。しかも、上昇時には季節が1か月以上も進み変動の幅が大きい。気温の変化...
もっと見る