ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(農研機構ほか)OEDC-CRP協賛 NARO-FFTC国際シンポジウム「気候変動下の食料システム-持続的発展のための適応・緩和の両立と気候情報の高度活用」(オンライン併用)  2022-08-10

 
日時 :10月17日(月)~10月19日(水)
場所 :つくば国際会議場 (茨城県つくば市竹園2-20-3) ※オンライン併用
 
内容 :農研機構とFood and Fertilizer Technology Centerは、「気候変動下の食料システム-持続的発展のための適応・緩和の両立と気候情報の高度活用」をテーマにシンポジウムを開催。
シンポジウムは基調講演と2つのセッションで構成され、セッション1は、世界トップレベルの研究者、政策担当者、OEDC-CRP関係者を交えて、最新のIPCC報告書を総括し、持続可能な食料システムへ転換するための「適応」と「緩和」の両立について、最新知見に基づいて議論する。セッション2は、FFTC加盟国を中心としたアジア地域のプラットフォームで、アジア地域の小規模農業を対象とした農業生産の強靭性を高めるための気候情報の高度利活用法について議論する。使用言語:英語(通訳なし)。定員オンライン1,000名(会場参加は招待者のみ)、参加費無料。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2022/09/20
「令和3年地球温暖化影響調査レポート」の公表について
2022/09/14
農産物の生産段階における温室効果ガスを算定できる「温室効果ガス簡易算定シート」(試行版)を作成
2022/09/07
(農研機構)水稲の高温不稔を引き起こす穂の温度上昇には 湿度が強く影響
2022/08/10
(農研機構ほか)OEDC-CRP協賛 NARO-FFTC国際シンポジウム「気候変動下の食料システム-持続的発展のための適応・緩和の両立と気候情報の高度活用」(オンライン併用)
2022/06/27
(農研機構ほか)ワックス量を調整して植物の乾燥・塩・高温耐性を増強させる仕組みを発見ー幅広い環境変動に適応する作物育種に期待-
2022/06/10
(農研機構)新たな牛のメタン排出量算出式を開発しマニュアル化
2022/06/09
(農研機構)「東北農業気象『見える化』システム」を公開
2022/06/08
(農研機構)水稲品種「にじのきらめき」の暑さ対策
2022/06/06
「TCFD提言に基づく気候関連リスクの情報開示の手引書(実践編)」の公表
2022/04/26
(農研機構ほか)気候変動は東南アジアの熱帯雨林樹木の開花・結実頻度を減少させる
次の10件 >
注目情報
  コラム:2022年夏、日本と世界を襲った異常気象(あぜみち気象散歩93)
注目情報PHOTO  この夏は長い。6月25日から関東を中心に夏空が広がり、7月初めまで全国的に記録的猛暑が続いた。7月中旬には暑さが和らいだが、7月末から再び猛暑となり、今年2度目の夏が到来した。8月の気温は変動しながらも高く、下旬になってもむし暑い日が多く...
もっと見る