ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(農研機構)植物由来の物質が土壌中の硝化を抑制する分子メカニズムを世界で初めて解明  2023-12-06

 
-持続可能な農業と温暖化抑制に貢献-
農研機構は(株)アグロデザイン・スタジオと共同で、窒素肥料の農地からの流出をもたらし、温室効果ガスの排出の一因にもなっている硝化という現象を植物由来の物質が抑制する分子メカニズムを明らかにした。
本成果は、持続可能な農業と環境保護のために、より安全で高機能な新規硝化抑制剤の開発に貢献する。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2024/02/21
「日ASEANみどり脱炭素コンソーシアム」記念セミナー
2024/02/21
(東北農政局)食のサステナビリティ推進フォーラムin東北(オンライン)
2024/02/02
農研機構サイエンスカフェ 第37回 地球温暖化と牛のゲップ、どんな関係があるの?
2024/01/22
(関東農政局)高温条件下におけるスマート水稲作WEB勉強会
2023/12/08
(宮城県)令和5年度園芸セミナー 気候変動に負けない産地づくり
2023/12/08
気候変動適応センター設立5周年記念国際シンポジウム「地域の気候変動適応はどこまで進んだのか?」(オンライン併用)
2023/12/06
(農研機構)植物由来の物質が土壌中の硝化を抑制する分子メカニズムを世界で初めて解明
2023/11/28
(中国四国農政局)令和5年度第4回中国四国地域産地向けセミナー(オンライン)
2023/11/27
(国際農研)西アフリカ半乾燥地域の重要作物ササゲに対する気候変動の影響を収量予測モデルにより推定
2023/11/27
(中国四国農政局)令和5年度第3回中国四国地域産地向けセミナー(オンライン)
次の10件 >
注目情報
  コラム:2023年レベルの違う高温(あぜみち気象散歩101) 
注目情報PHOTO  11月から12月の気温は、夏日が現れるほど上昇したかと思えば、寒気が南下して急に寒くなり、大きく変動した(図1)。変動しても平均気温は高く、この秋は北・東日本で1946年の統計開始以来第1位となるなど、全国的に高温だった。 気温...
もっと見る