ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
平成27年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書「地球温暖化適応技術の確立と普及を目指して」  2016-04-19

 
~ICTによる茶のクワシロカイガラムシの散水適期の把握~
 地球温暖化適応技術協議会(事務局:(一社)全国農業改良普及支援協会)は、温暖化に係る情報の共有化と温暖化現地適応技術の確立を目指し事業に取り組んでいるが、このたび、平成27年度の報告書『地球温暖化適応技術の確立と普及を目指して』を作成した。
 
 
 
 本報告書には、専門家によるサポートチームの支援活動、茶の温暖化適応策現地技術実証調査の取り組み結果等を掲載している。

▼ダウンロードは>>こちらから(PDFファイル:685KB)

 
 
過去のお知らせ一覧
2021/02/26
(農研機構)研究成果発表会「地球温暖化対策の要請に応える日本の家畜生産」ダイジェスト版を掲載
2021/01/26
(農研機構ほか)第1回「農業における土壌微生物を活用したクールアース」国際シンポジウム(オンライン)
2021/01/15
(農林水産省)品目ごとの気象被害防止に向けた技術対策
2021/01/13
農業気象情報衛星モニタリングシステム(JASMAI)の公開について
2020/12/09
(気象庁ほか)「日本の気候変動2020」を公表
2020/12/04
(農研機構)令和2年度委託プロジェクト研究「農業分野における気候変動緩和技術の開発」(畜産分野における気候変動緩和技術の開発)研究成果発表会(オンライン開催)
2020/12/03
農業生産における気候変動適応ガイドの作成について
2020/11/12
植物遺伝資源の保全・利用促進セミナー「気候変動と植物遺伝資源」(オンライン開催)
2020/11/11
(農研機構)研究成果発表会「地球温暖化対策の要請に応える日本の家畜生産」(リモート開催)
2020/10/30
「令和元年地球温暖化影響調査レポート」を公表
次の10件 >
注目情報
  コラム:ウシガエル――米利堅蛙鳴(めりけんあめい)(むしたちの日曜日87)
注目情報PHOTO  新しい年になった。ネズミからバトンを受け取ったのは牛だ。  せっかくだから、牛にちなむものを何か取り上げようと思ったとき、最初に頭に浮かんだのがウシハコベだった。  少し探せばどこでも見つかる身近な草だ。コハコベとかイヌハコベ、ミヤ...
もっと見る