ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
平成28年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書「地球温暖化適応技術の確立と普及を目指して」(ナシ)  2017-04-21

 
~ナシの発芽不良軽減のための周年かん水技術の実証~
 地球温暖化適応技術協議会(事務局:(一社)全国農業改良普及支援協会)は、温暖化に係る情報の共有化と温暖化現地適応技術の確立を目指し事業に取り組んでいるが、このたび、平成28年度報告書「地球温暖化適応技術の確立と普及を目指して」を作成した。
 

 
 本報告書には、専門家によるサポートチームの支援活動、ナシの温暖化適応策現地技術実証調査の取り組み結果等を掲載している。
 
▼ダウンロードは>>こちらから(PDFファイル:6.51MB)

 
 
過去のお知らせ一覧
2018/07/13
農研機構「カンキツ新技術・新品種研修」第3回公開講義「気候温暖化に伴い発生が予想される諸問題と対応」
2018/07/09
(農研機構)水田域の豪雨被害のリスクを評価する手法を開発
2018/07/06
(気象庁)「最新の気象データ」の拡充について ~大雨や台風時に降り始めからの総降水量などを掲載~
2018/07/05
農研機構-MARCO国際シンポジウム「東アジアにおける窒素循環とその環境影響」
2018/06/18
(気象庁)雨量分布の予報を15時間先まで延長 ~夕方の時点で翌朝の雨量分布が把握可能に~
2018/06/15
高温でも着色しやすく、軟化もしにくい リンゴ新品種「紅みのり」
2018/06/14
高温でも濃赤色に着色しやすく、食味も良い リンゴ新品種「錦秋」
2018/06/12
平成30年度第1回気象ビジネス推進コンソーシアムセミナー
2018/06/07
土づくり推進フォーラム講演会
2018/05/31
(東京大学大気海洋研究所)気候さいえんすCafe
次の10件 >
注目情報
  コラム:記録的暖春(あぜみち気象散歩68) 
注目情報PHOTO  この春の気温は全国的にかなり高かった。東日本では3~5月の平均気温が平年より2.0℃も高く、春としては統計を開始した1946年以降で最も高くなった(図1)。 図1 地域平均気温平年偏差時系列 (2018年3月~5月)  ...
もっと見る