ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
暑さや病害虫に強く、多収な水稲新品種「秋はるか」  2018-03-02

 
農研機構九州沖縄農業研究センターは、高温登熟耐性を「にこまる」よりさらに高めた水稲新品種「秋はるか」を育成した。
いもち病や縞葉枯病に強く、また近年、西日本で被害が頻発している害虫のトビイロウンカに対して「にこまる」よりも強いのが特長。西日本の代表的な水稲品種「ヒノヒカリ」より約15%多収なため、低コスト栽培に適している。
栽培適地は、高標高地を除く東海以西の地域で、現在、佐賀県、静岡県等で試作が行われている。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2018/12/11
地球温暖化による穀物生産被害は過去30年間で平均すると世界全体で年間424億ドルと推定
2018/11/27
気候変動適応策施行記念国際シンポジウム「地域は気候変動にどう備えるか?」
2018/11/26
国立環境研究所気候変動適応センターの設立について
2018/11/20
第46回熱研市民公開講座『イネの「時」を操る品種改良』
2018/11/16
施設園芸省エネルギー生産管理マニュアルおよびチェックシートを掲載
2018/11/15
「農研機構メッシュ農業気象データおよび同データを利用した牧草播種晩限日計算プログラム(新バージョン)」シンポジウム
2018/11/09
(気象庁)シンポジウム「農業に役立つ気象情報の利用 -栽培支援から災害対策までー」
2018/10/26
(宮崎地方気象台)平成30年度気候講演会「なんがでくっと? 温暖化対策」
2018/10/25
第15回ヤマセ研究会
2018/09/11
(日本ブルーベリー協会)第25回ブルーベリーシンポジウム「ブルーベリーを見直す~安定経営への道~」
次の10件 >
注目情報
  コラム:台風災害の秋(あぜみち気象散歩70)
注目情報PHOTO  異常気象が相次いだ夏に続き、この秋は台風の災害が多かった。9月は21号と24号が非常に強い勢力を保ったまま上陸した。10月にも台風25号が日本海を北上し、強風や高温をもたらした。強風の影響で倒壊した建物の下敷きや転落などにより、21号によ...
もっと見る