ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(農研機構)研究成果発表会「地球温暖化対策の要請に応える日本の家畜生産」(リモート開催)  2020-11-11

 
-令和2年度委託プロジェクト研究「農業分野における気候変動緩和技術の開発」(畜産分野における気候変動緩和技術の開発)-
日時 :12月18日(金)13:00~17:00
場所 :リモート開催(Zoom)
 
内容 :農研機構は、研究成果発表会「地球温暖化対策の要請に応える日本の家畜生産」を開催。
4年間で開発/検証されてきた削減技術を組み合わせて畜種ごとに「温室効果ガス排出の低い生産システム」を設計し、ステークホルダーに提示する。2021年のプロジェクト最終年度を迎えるにあたり、2030年、2050年に向けて、削減技術開発の現在値を情報共有する。削減技術への改善や技術特性情報などの要請を、本成果発表会開催を通じて収集、最終年度の成果に反映する。定員200名(先着順)。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2020/11/12
植物遺伝資源の保全・利用促進セミナー「気候変動と植物遺伝資源」(オンライン開催)
2020/11/11
(農研機構)研究成果発表会「地球温暖化対策の要請に応える日本の家畜生産」(リモート開催)
2020/10/30
「令和元年地球温暖化影響調査レポート」を公表
2020/10/30
令和2年度地域における気候変動適応実践セミナー(果樹、九州・沖縄地域)(オンライン併用)
2020/10/28
(農研機構ほか)ナスに単為結果性をもたらす仕組みを解明した成果が国際科学誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載
2020/10/27
(農研機構)三球温度計:コンパクトな新原理のセンサ
2020/10/13
(農研機構)農業用水の循環の可視化による渇水の予測手法の開発
2020/10/08
第32回農研機構東北農研市民講座「気候変動がイネ害虫のカメムシ類に与える影響」
2020/10/02
(農研機構)世界の穀物生産における温暖化への適応費用を試算
2020/08/24
(日本農学会)2020年度シンポジウム「水と農学」(オンライン開催)
次の10件 >
注目情報
  コラム:長い秋雨と台風接近(あぜみち気象散歩82) 
注目情報PHOTO  この秋は、9月は残暑がきびしく、10月は寒暖変動が大きかった。台風は上陸こそしていないが、9月は大型台風が接近して九州を中心に被害が発生した。太平洋岸には秋雨前線が停滞しやすく、曇りや雨の日が多かった。10月になっても秋晴れは続かず日照不...
もっと見る