ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
次を見る
(農研機構)カリウムの施肥量を抑えた水稲の栽培方法により土壌中に難分解性炭素が蓄積することを発見  2021-07-21

 
-農業が可能にする新たな地球温暖化対策-
農研機構と龍谷大学は、カリウムの施肥量を抑えて多収イネを栽培すると、分解しにくい難分解性の炭素が土壌に蓄積することを発見した。これは、イネのカリウム施肥を制御することにより、土壌への難分解性炭素の蓄積を人為的に促進できる可能性を示しており、新たな地球温暖化対策の開発につながることが期待される。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2021/07/21
(農研機構)カリウムの施肥量を抑えた水稲の栽培方法により土壌中に難分解性炭素が蓄積することを発見
2021/07/20
(国際農林水産業研究センターほか)第4回畜産研究分野における気候変動緩和技術開発に関する国内ネットワーク集会(オンライン)
2021/07/19
(農研機構)気候変動による水稲の収量や外観品質への影響は従来の予測以上に深刻
2021/07/07
(気象庁)令和3年度第1回「気象データのビジネス活用セミナー」(オンライン)
2021/06/22
(農研機構)「簡易な園芸施設における正確な気温の遠隔測定システム標準作業手順書」を掲載
2021/06/01
MAFFアプリに「熱中症警戒アラート」の通知機能を追加
2021/05/18
令和3年度第1回長野県有機農業推進プラットフォーム勉強会(オンライン)
2021/04/09
(農研機構)「地域気候変動適応策評価のための「農研機構地域気候シナリオデータセット」の利用標準作業手順書」を掲載
2021/04/06
(農研機構)「気象リスクに対応した安定的な飼料作物生産技術の開発」技術紹介パンフレットを掲載
2021/03/15
(農研機構)水田は、周辺地域の気温の上昇を緩和しているが、 その効果は大気CO2の増加により低下する
次の10件 >
注目情報
  コラム:梅雨がおかしい(あぜみち気象散歩86)
注目情報PHOTO  今年の入梅は西日本で早く、5月15~16日に東海地方より西で梅雨入りとなった。四国は15日、近畿は16日で、ともに1951年の統計開始以来最も早かった。  梅雨に入った途端に梅雨末期のような大雨が降り、鹿児島県のさつま柏原では15日の2...
もっと見る