ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(国立環境研究所ほか)最新の予測では世界の穀物収量に対する気候変動影響の将来見通しが顕著に悪化  2021-11-02

 
国立環境研究所と農研機構などが参加した8カ国20の研究機関からなる国際研究チームは、将来の気候変動が世界の穀物収量に及ぼす影響について最新の予測を行った。2014年に行われた前回の予測以来7年ぶりとなる。今回の予測には、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最新の気候変動予測と12の収量モデルを用いている。
気候変動が進行した場合、今世紀末(2069-2099年)の世界の平均収量は、現在(1983-2013年)に比べて、トウモロコシでは24%減少するとの結果だった一方、コムギでは18%増加するとの結果であった。主要生産国の多い中緯度地域ではこうした収量変化がコムギでは2020年代後半から、トウモロコシでは2030年代後半から顕在化すると予測された。
これらの時期は前回の予測より10年以上早まっており、気候変動への適応を、これまでの想定よりも早く進めることが必要である。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2022/08/10
(農研機構ほか)OEDC-CRP協賛 NARO-FFTC国際シンポジウム「気候変動下の食料システム-持続的発展のための適応・緩和の両立と気候情報の高度活用」(オンライン併用)
2022/06/27
(農研機構ほか)ワックス量を調整して植物の乾燥・塩・高温耐性を増強させる仕組みを発見ー幅広い環境変動に適応する作物育種に期待-
2022/06/10
(農研機構)新たな牛のメタン排出量算出式を開発しマニュアル化
2022/06/09
(農研機構)「東北農業気象『見える化』システム」を公開
2022/06/08
(農研機構)水稲品種「にじのきらめき」の暑さ対策
2022/06/06
「TCFD提言に基づく気候関連リスクの情報開示の手引書(実践編)」の公表
2022/04/26
(農研機構ほか)気候変動は東南アジアの熱帯雨林樹木の開花・結実頻度を減少させる
2022/04/20
農業分野の地球温暖化緩和策に関する意識・意向調査結果(令和3年度食料・農林水産業・農山漁村に関する意識・意向調査)
2022/04/07
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書第3作業部会報告書の公表について
2022/03/30
(農研機構) 農地の炭素量増加による3つの相乗効果を世界規模で定量的に推定
次の10件 >
注目情報
  コラム:記録的に早い梅雨明けと早い猛暑(あぜみち気象散歩92) 
注目情報PHOTO  6月27日、気象庁は関東甲信と東海、九州南部の梅雨明けを発表した。関東甲信地方は2018年の6月29日より早く、1951年の統計開始以来最も早い梅雨明けとなった。東海、九州南部も2番目に早い梅雨明けだった。28日には九州北部、中国、四国、...
もっと見る