ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
(農研機構)水稲の高温不稔を引き起こす穂の温度上昇には 湿度が強く影響  2022-09-07

 
高温不稔の実態を国際的観測ネットワークで解明
農研機構らの研究グループが構築した国際的な水田微気象観測ネットワークは、気温ではなく開花時間帯の水稲の穂の温度(穂温)を指標とすることで、温度や湿度条件の異なる様々な気候下の水田における高温不稔を統一的に評価できることを、世界で初めて実証的に明らかにした。その結果、高温で湿潤な気候の地域では蒸散に伴う気化冷却効果が小さく穂温が高くなりやすいため、高温不稔リスクが高いと推定された。
本評価手法を活用することで、世界の高温不稔の予測精度を向上させ、また高温不稔に対して適切な対策を講じることが可能となる。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2022/12/05
農研機構サイエンスカフェ 第31回「地球温暖化と農業とSDGs~ 地球温暖化と農業との関係を知り、SDGsについて考えてみよう」
2022/11/22
(農業電化協会)第58回農業電化研究会をオンデマンドで開催
2022/11/22
(農研機構)大豆への灌水適期を伝える「大豆灌水支援システム」の一般利用がスタート
2022/11/09
COP27セミナー「持続可能な農業および食料安全保障等の関する農林水産省の取り組み」(オンライン)
2022/10/31
IPCCシンポジウム『第6次評価報告書から考える私たちと気候変動』(オンライン併用)
2022/10/27
温室効果ガス削減の「見える化」ラベルについて
2022/10/03
第37回日本農業工学会秋季シンポジウム「地球環境の持続性に向けた人と自然の新たな関係性」(オンライン)
2022/09/20
「令和3年地球温暖化影響調査レポート」の公表について
2022/09/14
農産物の生産段階における温室効果ガスを算定できる「温室効果ガス簡易算定シート」(試行版)を作成
2022/09/07
(農研機構)水稲の高温不稔を引き起こす穂の温度上昇には 湿度が強く影響
次の10件 >
注目情報
  コラム:寒暖大変動の秋(あぜみち気象散歩94) 
注目情報PHOTO  9月は残暑がきびしく、むし暑い日が多かった。記録的に強い台風の上陸や速度の遅い台風などによって大雨や暴風の被害に見舞われた。2回あった連休は週末ごとに台風が来襲し、楽しみしにしていた外出や旅行は足止めされた。台風が去ってからは秋晴れが続い...
もっと見る