Warning: get_class() expects parameter 1 to be object, string given in /usr/local/lib/php/ratio/wnet/user/control/contents/articleDetailAgent.php on line 49 地球温暖化と気候変動の対策情報サイト/農業温暖化ネット
ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > 現場からの情報
現場からの情報
前を見る 次を見る 一覧に戻る
高温・乾燥が原因とみられる害虫の発生が多い(アブラナ科、ナス科)  2016-01-04

●沖縄県 通信員 石垣盛康  

 
 12月に入っても最高気温が25℃を超える日が多かった沖縄地方だが、11月の高温・乾燥による害虫の発生と高温によるアブラナ科、ナス科の作物に大きな被害をもたらしている。これは、地球温暖化とエルニーニョの影響によるものが大きいと考えられている。
 沖縄本島の中部に位置する西原町は、那覇市の北側に隣接している。
 町の園芸農業はこれまで露地野菜、電照菊等が中心の園芸から最近施設栽培が盛んになり、県内外への出荷が増えてきている。
 露地野菜では10月~11月植えのキャベツ、ブロッコリー、ナス科のジャガイモ等が多く、作付けされているが、今年は特にアブラムシ、アオムシ、コナガ等の発生が多く、防除に苦慮している。
 10月植えのジャガイモ、ブロッコリーが特に被害が多く、害虫の被害、高温による対枯れ、排水の悪い圃場では全滅した圃場もみうけられる。
 現在の所、西原町ではこの2品目の被害が大きい。
現場からの情報を検索する
現場からの情報を条件検索できます
分野で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
都道府県を指定
注目情報
  お知らせ:(農研機構)温暖化の農業へ与える影響と適応策をまとめた 「地球温暖化と日本の農業」を発刊
注目情報PHOTO 農研機構は、「地球温暖化と日本の農業-気温上昇によって私たちの食べ物が変わる!?-」を発刊した。 本書では、農研機構がこれまで実施してきた現場での栽培試験や研究成果をもとに、温暖化の現状や、将来、世界の食糧生産へ与える...
もっと見る