Warning: get_class() expects parameter 1 to be object, string given in /usr/local/lib/php/ratio/wnet/user/control/contents/articleDetailAgent.php on line 49 地球温暖化と気候変動の対策情報サイト/農業温暖化ネット
ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > 現場からの情報
現場からの情報
前を見る 次を見る 一覧に戻る
トマトにはタバココナジラミ、ウドンコ病の発生が多い  2016-01-06

●沖縄県 通信員 石垣盛康  

 
 沖縄本島中部の西原町でも、施設の導入によって、果菜類が栽培されるようになってきた。なかでもニガウリ、サヤインゲン、トマトの栽培農家、栽培面積が増えている。
 しかし今年の10月~12月の高温・乾燥により、トマト栽培で、特にタバココナシラミ、トマトサビダニ、ウドンコ病、炭素病の発生が、施設・露地栽培でも見られる。
 施設での標準的な作型は10月上旬に定植、12月上旬から収穫を始め、5~6月まで収穫する栽培形態である。露地栽培では定植が少し遅れ、収穫期間が短くなる。
 例年だと3~4月にタバココナジラミ、トマトサビダニ、ウドンコ病の発生が多くなるが、12月からこれらの害虫の発生が多数みられ、これからの気象の変化とハウス管理のあり方、害虫の発生等の観察、防除等に気が抜けない日々が続きそうである。
 地球温暖化による高温、寒暖差の激しい気候が予想され、トマト、サヤインゲン等の施設園芸作物への影響が懸念される。
現場からの情報を検索する
現場からの情報を条件検索できます
分野で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
都道府県を指定
注目情報
  コラム:新型コロナウィルスと今冬の寒波(あぜみち気象散歩84)
注目情報PHOTO  今冬は気温の変動が大きかった。11月は暖秋で冬の訪れは遅かったが、12月半ばから寒波に見舞われ、年末からはさらに強い寒気が南下して日本海側は記録的豪雪となった(図1)。 12月後半から1月前半は寒波、1月後半から暖冬 図1 地...
もっと見る