ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > 現場からの情報
現場からの情報
前を見る 次を見る 一覧に戻る
10日も早くレタスの収穫が始まりました  2016-05-23

●長野県 通信員 西野入政典  

 
期日  2016.5.10
場所  長野県小諸市和田(標高980m)
 
 長野県でも有数の野菜産地御代田町、小諸市等佐久地方では、葉物野菜の代表格「レタス」の出荷が始まっています。今年は、例年よりも約10日以上早く、生育も順調とのこと。比較的冷涼な気候を好むレタスを、この地方では高冷地という立地条件を巧みに活用し、特徴ある夏向けの栽培が行われています。
 レタスの生育適温は15~20℃、結球適温10~16℃とされています。取材した農家の今年の定植期は3月18日~3月27日(品種スターレイ)。高温傾向で経過した3~4月の気温が生育促進に働いた結果と思われます。
 
 
左:レタス畑 / 右:見事な結球状態 
 
 
左:順次、収穫が進む / 右:作業する若い農業者と収穫風景  
 
現場からの情報を検索する
現場からの情報を条件検索できます
分野で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
都道府県を指定
注目情報
  コラム:高貴なるクリーナー――センチコガネ(むしたちの日曜日76)
注目情報PHOTO  世の中、ちょっとした雲古ばやりである。子どもたちに雲古のドリルを与えれば学習意欲が増して学力が向上するとか、雲古しばりの読み物、雲古の絵本などが次々と出てくる。ちなみに、雲古しばりといっても、ひものようにのばした雲古で何かをしばるわけでは...
もっと見る