ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
高CO2濃度条件下で米の収量を増やす形質を特定  2018-08-14

 
-将来のCO2濃度が上昇した環境に適した多収品種の育成に貢献-
農研機構は、水稲の多収品種が持っている籾数を増やす遺伝子を「コシヒカリ」に交配で導入すると、高CO2濃度条件下で収量が大幅に増加することを明らかにした。今回の研究成果は、将来的に予想されているCO2濃度が上昇した環境に適した多収品種の育成に貢献できる。
 
詳細は>>こちらから

 
 
過去のお知らせ一覧
2019/05/22
(気象庁)「平成30年7月の記録的な猛暑に地球温暖化が与えた影響と猛暑発生の将来見通し」を掲載
2019/04/12
(富山県農林水産総合技術センター)細霧冷房によるリンゴ‘ふじ’の仕上げ摘果による日焼け果の発生軽減技術
2019/04/11
(富山県農林水産総合技術センター)リンゴ‘ふじ’の仕上げ摘果による日焼け果の発生軽減技術を開発
2019/04/10
(富山県農林水産総合技術センター)リンゴ日焼け果の発生軽減対策技術マニュアルを掲載
2019/04/09
(農研機構)「メッシュ農業気象データ利用マニュアルVer.4」を掲載
2019/03/20
新第217回農林交流センターワークショップ「栽培環境における気温の観測技法と利用」
2019/03/19
気候変動と農業技術国際シンポジウム分科会(農業者と研究者をつなぐワークショップ)
2019/03/18
気候変動と農業技術国際シンポジウム 「地球規模で考える気候変動と農山漁村」
2019/03/14
気象情報とICTを活用した作物の栽培管理を支援する情報システムを開発
2019/03/06
「小規模施設園芸における簡易設置型パッドアンドファンシステムの利用法マニュアル増補版」を掲載
次の10件 >
注目情報
  コラム:“2波数型”で花冷え(あぜみち気象散歩73) 
注目情報PHOTO  この春は暖かくなったり、急に冬の陽気が戻ったりと気温の変動が激しい(図1)。  2月半ば過ぎから全国的に気温が上昇し、3月に入っても暖かな日が多かった。さくらの開花も早く、20日に長崎で開花が始まり、東京都心では21日に開花するなど、東...
もっと見る