ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > お知らせ
お知らせ
前を見る 次を見る
「令和3年地球温暖化影響調査レポート」の公表について  2022-09-20

 
農林水産省は、都道府県の協力を得て、地球温暖化の影響と考えられる農業生産現場における高温障害等の影響、その適応策等について報告のあった内容を取りまとめ、「令和3年地球温暖化影響調査レポート」として公表した。
 
●水稲では、出穂期以降の高温により白未熟粒が多くの都道府県で発生。発生抑制のため、水管理の徹底、適期移植・収穫の実施、高温耐性品種の導入
 
●果実肥大期以降の高温により、ぶどう・りんごでは着色不良・着色遅延、うんしゅうみかんでは日焼け果や浮皮が発生。着色不良・着色遅延対策として、着色優良品種や着色を気にしなくてよい黄緑系品種の導入。日焼け果対策として樹冠上部・表層摘果の実施。浮皮対策として植物成長調整剤の活用。
 
●トマトでは、収穫期の高温により着花・着果不良、不良果が発生。いちごでは、花芽分化期の高温により花芽分化の遅れが発生。着花・着果不良及び不良果対策として、遮光資材の活用、細霧冷房・循環扇の導入。花芽分化安定・促進のため、新品種導入やクラウン部冷却の実施。
 
その他、詳細は>>こちらから
 

 
 
過去のお知らせ一覧
2023/01/26
(量子科学技術研究開発機構ほか)干ばつを生き抜くイネの戦略
2023/01/24
(農研機構)リアルタイムに低温積算時間の実況と予測値を表示
2022/12/23
「みどりの品種育成方針」の策定について
2022/12/22
農業副産物を活用した高機能バイオ炭の製造・施用体系の確立
2022/12/14
(筑波産学連携支援センター)第233回農林交流センターワークショップ「メッシュ農業気象データ利用講習会」(2月21日~22日:オンライン)
2022/12/05
農研機構サイエンスカフェ 第31回「地球温暖化と農業とSDGs~ 地球温暖化と農業との関係を知り、SDGsについて考えてみよう」
2022/11/22
(農業電化協会)第58回農業電化研究会をオンデマンドで開催
2022/11/22
(農研機構)大豆への灌水適期を伝える「大豆灌水支援システム」の一般利用がスタート
2022/11/09
COP27セミナー「持続可能な農業および食料安全保障等の関する農林水産省の取り組み」(オンライン)
2022/10/31
IPCCシンポジウム『第6次評価報告書から考える私たちと気候変動』(オンライン併用)
次の10件 >
注目情報
  コラム:記録的暖秋から一転師走寒波(あぜみち気象散歩95)
注目情報PHOTO  11月の気温は全国的にかなり高く、東日本では11月として1946年の統計開始以来最も高くなった(図1)。10月は気温の変動が大きく、東日本では平年より低かったが、11月と9月は高温だったので、この秋(9~11月)の日本の平均気温は過去最高...
もっと見る