ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > 温暖化Q&A
温暖化Q&A
前を見る 次を見る 一覧に戻る
Q
リンゴの日焼け対策について  2012-04-10

 
 近年、夏季の高温によるリンゴ果実の日焼け発生が多くなってきています。以前は、早生品種の発生がほとんどでしたが、中晩生品種でも発生するようになってきました。日焼け発生を軽減させる方法を教えてください。
A1
  2012-04-10

 
 日焼けは果実が部分的に高温になるため発生します。午後になると果実温度が高まるため、午後に直射日光があたる部分がとくに日焼けしやすくなります。土壌が乾燥すると、葉や果実の気孔閉鎖により、蒸散が減るため、果実温度が上昇しやすくなります。そこで土壌や樹体にかん水することが重要な対策になります。また、寒冷紗などで遮光すれば日焼けは防げますが、遮光しすぎると、果実重や着色、糖度に悪影響がでます。そこで、6%遮光程度の薄いネットで遮光する方法などが実践されています。
記事リストに戻る
過去のQ&Aを検索する
過去のQ&Aを条件検索できます
分野で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
都道府県を指定
Q&Aに質問を送信する
Q&A質問フォームへ
みんなの農業広場