ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > 温暖化Q&A
温暖化Q&A
前を見る 次を見る 一覧に戻る
Q
リンゴの着色向上について  2012-02-16

 
新規作成記事
 リンゴの着色(赤色)のためには、低温が必要です。しかし、最近、果実の着色期に気温が高いことが多く、着色不良が問題となっています。着色向上のための対策を教えてください。あわせて、低温が着色を促すメカニズムも教えてください。
A1
  2012-02-15

 
 リンゴの着色はアントシアニンという色素が果実の糖分から生合成されてできますが、この合成の最適温度は20ºC程度です。着色期は気温が20ºC以上の日が多いので、低温ほど着色しやすいという印象になります。またアントシアニンは紫外線が多くても合成しやすいため、反射シートを敷くなどにより果実に光を当てると、着色しやすくなります。有袋栽培の場合では、遮光によりクロロフィルの消失が促進されるため、袋を外したあとは無袋栽培より着色が進みます。
記事リストに戻る
過去のQ&Aを検索する
過去のQ&Aを条件検索できます
分野で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
都道府県を指定
Q&Aに質問を送信する
Q&A質問フォームへ
みんなの農業広場