ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > コラム
コラム
コラム筆者プロフィール

谷本雄治

プチ生物研究家、ときどき児童文学者。身近なむしとの付き合い多数。雑木林周辺に出没し、むしや草との対話を試みている。主な著書に「森を育てる生きものたち」(岩崎書店)、「ザリガニがきえる!?」(ポプラ社)、「カブトエビの寒い夏」(農山漁村文化協会)、「青いハートの秘密」(あかね書房)などがある。
> この筆者のコラムを右のリストに表示する

松永和紀

1963年生まれ。京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)。毎日新聞社で記者として10年間勤めた後にフリーの科学ライターに。主な著書に『踊る「食の安全」 農薬から見える日本の食卓」』(家の光協会)、「植物まるかじり叢書5 植物で未来をつくる」(化学同人)など。「メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学」(光文社新書)で科学ジャーナリスト賞2008受賞。
> この筆者のコラムを右のリストに表示する

清水輝和子

1981年日本気象協会入社。ウェザーキャスターとして177天気予報、民放などで気象情報番組の出演。新聞社などの気象解説原稿。1996年から国内・世界の長期予報を担当。2008年独立し、国内・世界の気象・天候、経済と気象、農業と気象など幅広く気象情報解説業務をおこなっている。現在、気候問題研究所副所長。気象予報士。共著に 「新版 気象ハンドブック」朝倉書店。「天気がおかしい」金の星社。「四季の気象と暮らしの事典」朝日新聞社など。
> この筆者のコラムを右のリストに表示する

 
コラム記事リスト
2024/05/22
アシヒダナメクジ――闇にまぎれて花に酔う(むしたちの日曜日106)
2024/03/21
C字虫――穴の中から飛びだして(むしたちの日曜日105)
2024/02/27
寒暖変動しながら暖冬(あぜみち気象散歩102)
2024/01/19
コブナナフシ――草むらにひそむ龍(むしたちの日曜日105) 
2023/12/26
2023年レベルの違う高温(あぜみち気象散歩101) 
2023/11/20
シロヘリクチブトカメムシ――ふたつ星から星のしずくへ(むしたちの日曜日104) 
2023/10/30
長かった夏(あぜみち気象散歩100)
2023/09/20
ミナミトゲヘリカメムシ――ひげ長の黄色いイケメン(むしたちの日曜日103)
2023/08/30
地球沸騰の夏(あぜみち気象散歩99)
2023/07/20
芋虫――いつのまにか大株主(むしたちの日曜日102)
次の10件 >
注目情報
  コラム:C字虫――穴の中から飛びだして(むしたちの日曜日105)
注目情報PHOTO  ことしの二十四節気の「啓蟄」は3月5日から半月ばかり。「啓」が開く、「蟄」は虫が冬ごもりのために土の中にもぐるようなことを意味する言葉だと解説される。だから、ああ、土の中で眠っていた虫たちがごそごそと動きだすころなんだなあ、いよいよ春だな...
もっと見る