ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ > コラム
コラム
コラム筆者プロフィール

谷本雄治

プチ生物研究家、ときどき児童文学者。身近なむしとの付き合い多数。雑木林周辺に出没し、むしや草との対話を試みている。主な著書に「森を育てる生きものたち」(岩崎書店)、「ザリガニがきえる!?」(ポプラ社)、「カブトエビの寒い夏」(農山漁村文化協会)、「青いハートの秘密」(あかね書房)などがある。
> この筆者のコラムを右のリストに表示する

松永和紀

1963年生まれ。京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)。毎日新聞社で記者として10年間勤めた後にフリーの科学ライターに。主な著書に『踊る「食の安全」 農薬から見える日本の食卓」』(家の光協会)、「植物まるかじり叢書5 植物で未来をつくる」(化学同人)など。「メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学」(光文社新書)で科学ジャーナリスト賞2008受賞。
> この筆者のコラムを右のリストに表示する

清水輝和子

1981年日本気象協会入社。ウェザーキャスターとして177天気予報、民放などで気象情報番組の出演。新聞社などの気象解説原稿。1996年から国内・世界の長期予報を担当。2008年独立し、国内・世界の気象・天候、経済と気象、農業と気象など幅広く気象情報解説業務をおこなっている。現在、気候問題研究所副所長。気象予報士。共著に 「新版 気象ハンドブック」朝倉書店。「天気がおかしい」金の星社。「四季の気象と暮らしの事典」朝日新聞社など。
> この筆者のコラムを右のリストに表示する

 
コラム記事リスト
2020/09/16
コガネグモ――憧憬の黄金ストライプ(むしたちの日曜日85)
2020/08/31
長梅雨のち猛暑(あぜみち気象散歩81) 
2020/07/20
ルリタテハ――紺碧の海への招待状(むしたちの日曜日84)
2020/06/25
強い亜熱帯高気圧(あぜみち気象散歩80)
2020/05/15
ヒメヤママユ――試行錯誤の美(むしたちの日曜日83)
2020/04/23
正の北極振動で北極にオゾンホール発生(あぜみち気象散歩79)
2020/03/12
シロアリ――近くて遠すぎる関係性(むしたちの日曜日82)
2020/02/21
大暖冬とエルニーニョもどき現象(あぜみち気象散歩78)
2020/01/17
虫の世界の不思議メンバー――ネズミ(むしたちの日曜日81)
2019/12/24
インド洋ダイポールモード現象発生(あぜみち気象散歩77) 
次の10件 >
注目情報
  コラム:長梅雨のち猛暑(あぜみち気象散歩81) 
注目情報PHOTO  今年の梅雨は長かった。6月は梅雨の晴れ間が多かったが、7月は曇雨天が続き、「令和2年7月豪雨」が発生した。梅雨明けは奄美地方で平年より21日遅い7月20日と、これまでの遅い記録を更新するなど各地で大幅に遅れ、西日本では7月末、東日本と東北...
もっと見る