ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
バレイショ「さんじゅう丸」の秋作栽培における出芽安定のための種いもの夏期貯蔵方法  2014-12-17

●長崎県農林技術開発センター・農産園芸研究部門・馬鈴薯研究室   

 
背景とねらい
 そうか病に強く多収で外観が良いバレイショ「さんじゅう丸」(長崎県育成、2012年7月品種登録)は急速に普及が進んでおり、2012年には県内で47ha作付けている。しかし、秋作栽培用種いもを夏期に常温貯蔵した場合に、種いもの休眠が明けず、植付け後に出芽しにくい症状が見られる。そこで、本品種の秋作栽培での安定生産を可能にするため、夏期の種いも貯蔵温度および期間について検討し、さらに各種温度・期間での貯蔵後に植え付けた場合の生育特性について検討を行う。貯蔵温度としては、冷蔵することにより高温を回避する4℃および種いもの休眠明けを促進しやすい22℃を設定した。
 
●詳細な内容は>>こちらをダウンロードください(pdfファイル:29.8KB)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:新型コロナウィルスと今冬の寒波(あぜみち気象散歩84)
注目情報PHOTO  今冬は気温の変動が大きかった。11月は暖秋で冬の訪れは遅かったが、12月半ばから寒波に見舞われ、年末からはさらに強い寒気が南下して日本海側は記録的豪雪となった(図1)。 12月後半から1月前半は寒波、1月後半から暖冬 図1 地...
もっと見る