ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報 > 麦・大豆関連
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
 
麦・大豆関連
2014/12/08 能登大納言小豆の晩播における無培土狭畦密植栽培
  能登大納言小豆は気象条件の影響を受けて収量が不安定となりやすく、特に夏季の高温により着莢数が減少して著しく減収することがある。そこで、高温対策技術の一つとして、晩播での無培土狭畦密植栽培における増収効果と播種適期を検討する。 ●詳細な...
麦・大豆関連
2014/01/22 地球温暖化が北海道における秋まき小麦生産に及ぼす影響予測
   日本の年平均気温は過去100年で1.1℃上昇し、特に1990年代以降は高温となる年が頻発している。高温による農業被害は冷涼な北海道においても将来看過できない問題であり、予測される状況を早急に解析し、農業者や関連産業に示していく必要がある。...
麦・大豆関連
2012/01/16 小麦「ネバリゴシ」に対する開花期以降の高温と湛水が子実肥大に与える影響とその軽減対策
   近年、青森県では夏期の高温や多雨が影響したものと考えられる、小麦の収量低下・充実不足による品質低下が問題となってきている。特に、小麦の登熟期に当たる6月~7月が高温年であった平成22年産の青森県産小麦は、作況指数64、1等比率58.7%と...
麦・大豆関連
2010/06/11 大麦の凍霜害 -暖冬でも出穂が安定する早生大麦系統の育成による回避-
   稲作との競合や入梅による雨害回避のため、小麦や大麦の早生化が進められてきた。しかし、近年では気候温暖化による冬期の気温上昇により、幼穂形成や茎立ち、出穂が早まる傾向にある。このため、栄養生長期間が短くなって穂数が不足したり、春先の寒波によ...
麦・大豆関連
2010/05/31 大豆の青立ちを防ぐための技術対策
   九州北部の水田作大豆で、成熟が遅れ落葉せず茎に緑色が残る青立ちが発生し、汚粒の発生、収穫前の青立ち株除去、脱粒作業の別日処理など、品質低下や労働時間の増加をもたらしている。青立ちの発生は、従来からいわれているカメムシ類の加害によるものだけ...
麦・大豆関連
2010/03/23 高温障害
   IPCC (気候変動に関する政府間パネル)の第四次評価報告書では、最も排出量の多い社会シナリオで推移した場合、100年後の気温は平均4.0℃上昇すると予測している。適温を超える気温上昇は、水稲では不稔籾発生・千粒重低下による減収、玄米外観...
1 .
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:天翔(か)ける夜のチョウ――スズメガ(むしたちの日曜日78)
注目情報PHOTO  令和という新しい元号にまだ、なじめないでいる。だからというわけでもないが、幕末から明治のころ、まさに時代が大変革を起こしたころの日本人がいささか気になる。  ――そういえば名和靖も江戸時代の終わりに生まれて、明治、大正を生きた人だったよ...
もっと見る