ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報 > 野菜関連
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
 
野菜関連
2018/12/21 (青森県)高温期に適した品種導入による夏期のこかぶ高品質安定生産
  [抄録]  夏期冷涼な気候を活かして産地形成された葉つきこかぶは市場関係者からも高い評価を得てきたが、近年の極端な気象変動(異常高温)により地上部生育量不足に起因する一時的な品質低下(葉の萎れ・黄化)が発生するようになった。  このため...
野菜関連
2018/12/20 (千葉県)抑制トマトの高温対策及びアザミウマ類防除対策の取組
  (千葉県)現地事例情報 (要約) 八街市の抑制トマトの収量・品質の向上を目指して高温対策、病害虫防除対策に取り組みました。 当地域の抑制トマトは、パイプハウスで栽培する半促成スイカの後作として栽培され、農家経営を支える上で重要な...
野菜関連
2018/01/24 (岐阜県)ホウレンソウの被覆資材による高温対策の実証
  (岐阜県)現地事例情報 1.事例場所の概要 郡上市白鳥町石徹白地区は、福井県との県境にある標高700m中山間地。ホウレンソウ栽培の他、トウモロコシの栽培が盛んである。 2.活動対象及び概要 奥美濃ほうれん草出荷組合は、郡上市...
野菜関連
2018/01/05 (群馬県)拍動かん水システムによる露地ナスの夏期高温対策実証
  (群馬県)現地事例情報  管内の露地ナス産地では畑地灌漑が整っていないことから、ほ場の灌水が難しく、夏期の高温乾燥時には、つやなし果や樹勢低下による曲がり果などの発生が問題となっている。そこで、比較的少量の用水の利用が可能となる拍動か...
野菜関連
2014/12/17 バレイショ「さんじゅう丸」の秋作栽培における出芽安定のための種いもの夏期貯蔵方法
   そうか病に強く多収で外観が良いバレイショ「さんじゅう丸」(長崎県育成、2012年7月品種登録)は急速に普及が進んでおり、2012年には県内で47ha作付けている。しかし、秋作栽培用種いもを夏期に常温貯蔵した場合に、種いもの休眠が明けず、植...
野菜関連
2014/12/11 細霧冷房がトマトの収量、品質に及ぼす影響
  トマトの促成長期どり栽培における安定的栽培には、施設の効率的な環境制御技術開発が必要となっている。中でも、3月以降の収穫では高温、強日射の影響からトマトの品質低下が問題となっている。そこで、細霧冷房がトマトの収量、品質に与える影響を明らかに...
野菜関連
2014/12/11 細霧冷房装置利用による相対湿度の制御が トマトの生体情報および収量品質に及ぼす影響
  トマト越冬長期どり栽培において、栽培期間を通じた加湿処理を行い、湿度環境の違いがトマトの生体情報および生育、収量品質に及ぼす影響を明らかにする。 ●詳細な内容は>>こちらをダウンロードください(pdfファイル:196KB)...
野菜関連
2014/12/11 いちごの空中採苗後の挿し苗方法と遮光方法の違いが 苗の活着に及ぼす影響
  いちごは、採苗仮植後に高温が続くと根の活着が不良になる。近年は猛暑傾向であり、特に空中採苗では活着不良や灌水過多による苗質の低下が問題になりやすい。そこで、空中採苗した苗の挿し苗方法および遮光方法が仮植後の苗の活着に及ぼす影響にっいて検討す...
野菜関連
2014/12/08 散光性UVカットフィルムによるトマト同心円裂果の低減技術
  高温期のトマト施設栽培の減収要因の一つである同心円裂果の発生要因として、近年紫外線の影響が報告されている。そこで、同心円裂果を低減し、商品収量を確保できる散光性UVカットフィルムの使用法を検討する。 ●詳細な内容は>>こちらをダウンロ...
野菜関連
2014/12/04 ミストを使った高温対策技術を開発
   愛知県は果菜類や花きなどの施設園芸が大変盛んで、愛知県農業の特色となっています。周年を通じて栽培が行われ、冬期は適度な日射量や温暖な気候を利用して作物の栽培に適した環境を整えることができます。しかし、夏期昼間の園芸施設は換気を行っても40...
1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 .  次へ >
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:“2波数型”で花冷え(あぜみち気象散歩73) 
注目情報PHOTO  この春は暖かくなったり、急に冬の陽気が戻ったりと気温の変動が激しい(図1)。  2月半ば過ぎから全国的に気温が上昇し、3月に入っても暖かな日が多かった。さくらの開花も早く、20日に長崎で開花が始まり、東京都心では21日に開花するなど、東...
もっと見る