ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
細霧冷房装置利用による相対湿度の制御が トマトの生体情報および収量品質に及ぼす影響  2014-12-11

●栃木県農業試験場   

 
試験のねらい
トマト越冬長期どり栽培において、栽培期間を通じた加湿処理を行い、湿度環境の違いがトマトの生体情報および生育、収量品質に及ぼす影響を明らかにする。
 
●詳細な内容は>>こちらをダウンロードください(pdfファイル:196KB)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  お知らせ:(農研機構)温暖化の農業へ与える影響と適応策をまとめた 「地球温暖化と日本の農業」を発刊
注目情報PHOTO 農研機構は、「地球温暖化と日本の農業-気温上昇によって私たちの食べ物が変わる!?-」を発刊した。 本書では、農研機構がこれまで実施してきた現場での栽培試験や研究成果をもとに、温暖化の現状や、将来、世界の食糧生産へ与える...
もっと見る