ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
細霧冷房装置利用による相対湿度の制御が トマトの生体情報および収量品質に及ぼす影響  2014-12-11

●栃木県農業試験場   

 
試験のねらい
トマト越冬長期どり栽培において、栽培期間を通じた加湿処理を行い、湿度環境の違いがトマトの生体情報および生育、収量品質に及ぼす影響を明らかにする。
 
●詳細な内容は>>こちらをダウンロードください(pdfファイル:196KB)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:初夏の猛暑と梅雨の嵐(あぜみち気象散歩74)
注目情報PHOTO  5月は下旬を中心に気温が高かった(図1)。26日には全国566の地点で真夏日になり、53の地点で猛暑日となった。なかでも、北海道佐呂間では39.5℃まで上がり、5月として全国の観測史上最高を記録した。東京都心は24日から30℃を超え、5月...
もっと見る