ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
細霧冷房装置利用による相対湿度の制御が トマトの生体情報および収量品質に及ぼす影響  2014-12-11

●栃木県農業試験場   

 
試験のねらい
トマト越冬長期どり栽培において、栽培期間を通じた加湿処理を行い、湿度環境の違いがトマトの生体情報および生育、収量品質に及ぼす影響を明らかにする。
 
●詳細な内容は>>こちらをダウンロードください(pdfファイル:196KB)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:C字虫――穴の中から飛びだして(むしたちの日曜日105)
注目情報PHOTO  ことしの二十四節気の「啓蟄」は3月5日から半月ばかり。「啓」が開く、「蟄」は虫が冬ごもりのために土の中にもぐるようなことを意味する言葉だと解説される。だから、ああ、土の中で眠っていた虫たちがごそごそと動きだすころなんだなあ、いよいよ春だな...
もっと見る