ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
いちごの空中採苗後の挿し苗方法と遮光方法の違いが 苗の活着に及ぼす影響  2014-12-11

●栃木県農業試験場   

 
試験のねらい
いちごは、採苗仮植後に高温が続くと根の活着が不良になる。近年は猛暑傾向であり、特に空中採苗では活着不良や灌水過多による苗質の低下が問題になりやすい。そこで、空中採苗した苗の挿し苗方法および遮光方法が仮植後の苗の活着に及ぼす影響にっいて検討する。
 
●詳細な内容は>>こちらをダウンロードください(pdfファイル:212KB)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:初夏の猛暑と梅雨の嵐(あぜみち気象散歩74)
注目情報PHOTO  5月は下旬を中心に気温が高かった(図1)。26日には全国566の地点で真夏日になり、53の地点で猛暑日となった。なかでも、北海道佐呂間では39.5℃まで上がり、5月として全国の観測史上最高を記録した。東京都心は24日から30℃を超え、5月...
もっと見る