ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
いちごの空中採苗後の挿し苗方法と遮光方法の違いが 苗の活着に及ぼす影響  2014-12-11

●栃木県農業試験場   

 
試験のねらい
いちごは、採苗仮植後に高温が続くと根の活着が不良になる。近年は猛暑傾向であり、特に空中採苗では活着不良や灌水過多による苗質の低下が問題になりやすい。そこで、空中採苗した苗の挿し苗方法および遮光方法が仮植後の苗の活着に及ぼす影響にっいて検討する。
 
●詳細な内容は>>こちらをダウンロードください(pdfファイル:212KB)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:正の北極振動で北極にオゾンホール発生(あぜみち気象散歩79)
注目情報PHOTO  今冬は全国的に気温が高く、日本の冬平均気温偏差は+1.66℃と統計開始(1897年12月~1898年2月)以降では最も高い記録を更新した。東・西日本では、12月~2月の冬期間と1月の月平均気温が共に、統計開始以降(1946年12月~194...
もっと見る