ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
いちごの空中採苗後の挿し苗方法と遮光方法の違いが 苗の活着に及ぼす影響  2014-12-11

●栃木県農業試験場   

 
試験のねらい
いちごは、採苗仮植後に高温が続くと根の活着が不良になる。近年は猛暑傾向であり、特に空中採苗では活着不良や灌水過多による苗質の低下が問題になりやすい。そこで、空中採苗した苗の挿し苗方法および遮光方法が仮植後の苗の活着に及ぼす影響にっいて検討する。
 
●詳細な内容は>>こちらをダウンロードください(pdfファイル:212KB)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  お知らせ:(農研機構)温暖化の農業へ与える影響と適応策をまとめた 「地球温暖化と日本の農業」を発刊
注目情報PHOTO 農研機構は、「地球温暖化と日本の農業-気温上昇によって私たちの食べ物が変わる!?-」を発刊した。 本書では、農研機構がこれまで実施してきた現場での栽培試験や研究成果をもとに、温暖化の現状や、将来、世界の食糧生産へ与える...
もっと見る