ログイン会員登録 RSS購読
こんにちは、ゲストさん
トップ対策情報
対策情報
水稲 麦・大豆 野菜 果樹 花き 畜産 その他
一覧に戻る
(平成27年度実証調査・埼玉県)気象衛星データ等を活用した水稲の高温障害対策(要約版)   2016-05-09

 
平成27年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書から、埼玉県の実証報告(要約版)をご紹介します。
 
気象衛星データ等を活用した水稲の高温障害対策
●調査のねらい
 毎年、温暖化に伴う夏期の高温により水稲の品質低下が懸念されている。
 そこで、いつでも、どこでも、誰でも使える気象衛星データ等を活用した技術を基に、気象変動に強い米の産地づくりを推進する。
 
●調査結果
○葉色

・実測値より低い値となる傾向
 
○高温障害

・数値の被害程度がどの程度になるか判断することが難しい
 
○食味値(蛋白)

・来年度以降の食味値をするための検証
 
●今後の課題
○葉色・高温障害発生・食味予測する精度を上げる。
○精度の高い予測情報を速やかに伝達するシステムを構築する。
○コシヒカリ、彩のかがやきの幼穂形成期に合わせた、葉色の面的な傾向の予測を基にした穂肥の適期・適量の実施を検討する。
○葉色値の測定をデジタルカメラでの測定値で代替えし、測定の技術平準化が図れないかを検討する。
 
※実証調査の詳細は、以下からご覧になれます
「気象衛星データ等を活用した水稲の高温障害対策」(埼玉県水稲温暖化適応技術会議)

『平成27年度気候変動適応産地づくり支援事業報告書「~ICTによる水稲高温障害軽減・回避技術の実証~ 」(水稲)』より)
対策情報を検索する
この分野の対策情報を検索できます
中分類で絞り込み
キーワード検索
期間で絞り込み
から
注目情報
  コラム:“2波数型”で花冷え(あぜみち気象散歩73) 
注目情報PHOTO  この春は暖かくなったり、急に冬の陽気が戻ったりと気温の変動が激しい(図1)。  2月半ば過ぎから全国的に気温が上昇し、3月に入っても暖かな日が多かった。さくらの開花も早く、20日に長崎で開花が始まり、東京都心では21日に開花するなど、東...
もっと見る